トレカ天気

主に遊戯王、ポケカ、その他カードゲームに関する考察等を投稿します。
相場もたまにはあがる・・・かも。 動画もよければ見てください。→ トレカ天気ch -YOUTUBE こちらにも掲載していただいております! →遊戯王あんてなさん http://yugioh-antenna.sakura.ne.jp/

タグ:オルターガイスト

こんにちは。らいふです。

2020/4/1の制限改訂が発表されましたね!

ルールが変わるというのもあって、制限カードにはたくさん指定がありました。

きつすぎる!とか、甘すぎる!とか、まぁ様々な意見が出ますが、
デュエルリンクスのように理由が明かされない以上、
「なぜ」そうなったのかも正解は憶測の意味を出ないのですが、
世の中には様々な意見があるわけで、
また、個人個人で意見も違うわけです。

と、いうわけで今回は、長らくの間オルターガイストを使い続けた私として、
オルターガイスト使いからみた今回の制限改訂に関する「個人的な」意見を書いてみようかなと思います。
いかんせん、普段参加している大会の分布にいわゆる環境デッキが少ないので、
的はずれな意見も多数あるとは思いますが、そのへんは暖かい目で読んでやってください。

◆禁止カード

・リリーサー
リリソラドラグーンの筆頭たるパーツですね。
リリーサーを使って出された儀式モンスターの処理自体にはメリュシークがいるので困らないです。
ただ、ドラグーンがいると話は随分変わってきて、対象耐性があるのがやはりきつくて、手札がよほど完璧でないと返せないです。
よって大いに助かります。

・エルピィ、イヴ
でかくて無効効果のある強いモンスターを2体!3体!と並べられるよりは、
素直に2000打点クラスを5体並べられたらかなりきついテーマなので、
こういうぶっ壊れ展開パーツは規制されるとすごく助かります。
とはいえ、不思議なことになぜかみんな5体横に並べたあとに、
シンクロ!とか、リンク!とかしてきます。
そのまま殴られたら負けなのにな~
とか思いながら相手のソリティアを眺めて、
モンスターが数体になったらバウンスとか無効破壊とかで捲ります。
効果無効系はプロトコルがある限りなんとかなるんですね。
ただ、展開されてヴァレソとか、サイバーのようなワンキルテーマだと手札を整える前に
倒されてしまうので、展開系の中でもワンキルしてくるテーマがきついです

◆制限カード
多すぎるので、あんまり影響ないなってやつは触れないです。笑

・ガラテア、ディベル
2020年1月期の最強テーマ、オルフェゴールさんですね。
オルフェゴール使いからしたら、なかなかの規制かもしれないですが、
オルターガイスト使いからすると、「こんな改訂じゃ意味ない」って感じです。
一生勝てない不利対面ですね。
先行マスカレーナ盤面を立たれたら、
メリュシークをなんとか持ってこないと勝ち目はないです。
持ってきても誘発で止まりますし。
マスカレーナ→トゥリスバエナの盤面を作られたら一生セットカードを除外され続けるので、負けます。
ガラテアが1枚でもある限り成立されるので、正直「甘すぎる」という感想です。
どちらか禁止くらいにしないとオルターガイストから見るとほとんど差はないです。
誘発引けてなくて相手の初動があれば即サレレベルだと思ってます。

・マキュラ
エラッタされて帰ってきた伝説のカード。
発動条件がかな~り厳しくなりましたね。
「手札から罠を使える戦士族」なので、
イゾルデ、もしくは増援でサーチできる!ということから、
オルターガイストで面白い動きができないかと模索中ですが、
今の所思いついていません。
何を考えても、王家の神殿でおkとなります。
悲しい。

・ドラグーン、アナコンダ、真紅眼融合
いつものやつら。
上にも書いていますが、対象耐性というのはオルターガイストは本当に無理ゲーです。
エンディミオン、ドラグーン、kozmoなど。
ヘクスティアの打点上げ効果で上からしばくしかないのですが、
まぁだいたい3100ですので、一回でも効果を発動したドラグーンを倒す術はありません。
テーマ外のリンクか、壊獣などに頼りましょう。

・リンクロス
オルターガイストの規制ないのかよ!最強じゃん!
というのをチラホラ見かけましたが、リンクロス制限が実質はオルターガイストへの規制です。
今のオルターガイストは、強欲で金満な壺を完全に入れ得で、
プークエリとリンクロスのおかげで、誘発をくぐりぬけてプロトコルとマルチフェイカーにアクセスでき、その理由からメインにスキルドレインを積むのが流行りです。
(なぜ入れ得なのかは以下のリンクから)
 
ただ、その動きにはリンクロスが必須なので複数枚入れてケアするわけですが、
制限となると、強欲で金満な壺を入れるのをためらうので微妙な規制になっています。
まあ、僕は賢者構築なので強欲で金満な壺は入っておらず関係ないんですけど。

・ライトステージ
オルターガイストから見たらただのぶっ壊れ禁止級カードでしかないこのカードもようやく規制レベルですか。さっさと禁止にしてほしいですね
という感じです。
幸いにもテーマ内パーツに永続罠が多いので、たまに相手が外してきますが、
複数枚張り替えられて神罠チェックされるとゲームになりません。
レッド・リブート、羽根箒、ライストの次に憎たらしいおぞましいカードです。

◆準制限
・ディアボリックガイ
こいつもぶっ壊れですね。
除外ゾーンから再利用できるネメシスとかもいるので、2枚にしたとしても
ぐるぐるしそうですね。HEROは高打点のモンスターが横に並ぶので基本的には苦手です。
勘弁してほしいですね。

・ドラコネット
イヴが禁止故に開放されたのでしょう。とはいえ悪さをするイメージしかないので、
早く規制に戻って欲しいですね。

・未界域
悪さしかしてないので早く禁止にいってください。

・継承の印
すなおに返し忘れって感じでしょうか。
焔聖騎士もテーマ化したことですし、装備魔法返しとくかって感じでしょう。
フェニックスブレードじゃなければいいんじゃないでしょうか。

◆制限解除
・キャンディナ
最悪のカードであるライトステージをサーチできてしまうので、返してほしくなかったですね。
制限にしてもいいくらいだと思ってます。
とはいえ、サラマン、閃刀姫、オルターと、リンクテーマには基本的にゆるゆるな改訂なので、トリックスターもゆるくしたんでしょう。
ライトステージが逝った?いや、ライブステージとかアリーナとかあるでしょう。
専用融合までもらって・・・

・うらら
やべーーーーーーーです。
ただでさえメリュシーク制限で、頼みの綱はワンフォーワンなのに、それにうらら打たれたら負けます。
やべーーーーーーです。やべーーーーーーー。
2枚と3枚では初手に引く確率は全然違います。
詳しくは以下から。

メインデッキにモンスターの少ないオルターガイストにとって、
ワンフォーワンのコストってめちゃくちゃ重いんですけど、そこにうらら打たれたらほぼ負け確です。
よって、やべーーーーーーーーーです。

・ベビケラ
恐竜デッキって実は相性悪くて、
ミセラサウルスを使われるだけで負け確になります。
ただそれにプロトコル使わざるを得なくて、
そうなるとアルコン、パンクラに踏み倒されて負けます。
よって、この開放はかなりきついなーって感じです。

・ユニコール、デバッガー
正直よくわからんです。




という感じです。
今回の改訂で、環境がどのようになるかはわかりませんが、
個人的には~~ドラグーンが増えるのかなぁと思っています。
来季もひとまずはオルターガイストで大会には出ようと思っていますが、
新ルールにより展開テーマが更に顔を出すのだと思うと鬱でしかないです。
あ~、早く次の制限改訂来ないかな~(遠い目)

久しぶりの更新となります。
そして、初めましてでもあります。
トレカ天気chの動画編集担当らいふです。
よろしくお願いします。

当ブログはカードゲームの相場をお知らせするものでしたが、
趣向を変え、カードゲームに関する考察等も更新していけたらと思っています。

さて、前置きはそのくらいにしましょう。
題目に泡影フェイカーと入れるくらいですから、
今回はオルターガイストの魅力について語っていこうと思います。

オルターガイストといえば、
環境!強い!うざい!
などとよく言われますね。
私も長らく2年ほど使い続けており、店舗代表を勝ち取ったり、
公認大会で何度か優勝したりとしていますので、そこそこオルターガイストについての知識はあるつもりですが、強い動き、構築論、対面時の立ち振舞などは、私なんかより遥かに強い方々がネット上にアップしてくれているのでそれを参考にしてもらいたいです。

では、ここでは何を語るか。ズバリ、オルターガイストの「楽しさ」です。
私が長い間使い続けているのも、このテーマを回してて楽しくてしょうがないからです。

オルターガイストの特徴は大きく3つ。
  1. 難しいソリティアがない
  2. 安定して妨害を構えられる
  3. 相手によって動き方が変わる
この特徴こそがオルターガイストの魅力だと私は考えています。

1.難しいソリティアがない
私は展開デッキを握ることができません。
Twitterとかを見ていると、すごい展開をアップしている人がいて、いつもすごいな~と思って見ています。
あんなもの思いつきませんし、覚えられません。笑
そして、オルターガイストはそんな展開をしたくてもできません。
マルチフェイカーの強すぎる効果の代償が重すぎるのです。
card100064097_1

よく対戦相手が忘れがちですが、
マルチフェイカーの展開効果を使用したら「オルターガイスト」縛りが発生します。
そのため、
ンクリボーが出てきたターンに、マルチフェイカーがデッキからシルキタスを呼んでくることはありません。
それ故に、他テーマと組み合わせて展開したくてもできません。
その分、初心者でもそれらしい動きのできるわかりやすいテーマと思っています。
アホな私でも動けるいいテーマ。

2.安定して妨害を構えられる
昨今の遊戯王は、ハリファイバーから先攻超絶展開してサベージドラゴン、アポロウーサのようなモンスターで妨害を構える、というのが基本みたいになっていますよね。
しかし、あれはEXを何枚も使用し、アドを確実に稼ぎながら相手の展開を防ぐための布陣をつくる動き。
やはり練習と難しいソリティアが必要です。
その点、オルターガイストは簡単です。
マリオネッター召喚!プロトコルセット!
card100057547_1card100057781_1
はい、たったこれだけ。これだけで「発動無効の破壊」を構えることができます。
楽ちん!
大会で使用されるようなデッキは、好き放題展開されると基本的には負けが確実なので、妨害しつつなんとか勝つということが多いです。
そのため、「妨害」はとても大事です。
それがテーマとして、そして簡単に実行できる、いいテーマ。

3.相手によって動きが変わる
もちろんすべてのデッキが相手によって動きを変えるとは思いますが、
特にオルターガイストは相手によって動きを選択する必要があります。
先攻で、メリュシークからリンクリボーにしてマルチフェイカーをサーチするか。
マリオネッターを召喚して確実にプロトコルを持ってくるか。
プークエリをなんとか持ってきてヘクスティアでの魔法罠無効を優先するか。
card100181490_1
「相手が何をしてくるか」を勉強し、それに対する有効札を選択する必要があります。
そして、その選択に悩んでいるときが「楽しい」のです。
最終盤面をどうするか、何をセットしてくるか、選択肢が豊富にあり、
それを考えるのが楽しくて仕方ありません。
そしてその盤面は相手によって変えなければいけません。
オルターガイストミラーなんてなろうもんなら、すごく頭を使って疲れますが、
盤面毎に動きを考えなくてはいけないので、楽しいです
疲れますがが。(大事なことなので2回いう)
「個性」がとても出ます。良いテーマです。


その他、ワンキルできない分自然とターンのやりとりが生まれる、とか。
使っているキャラクターが可愛いとか、様々理由はありますが、大きくは上の3つです。

みなさんも息抜きにオルターガイストを握ってみてはいかがでしょうか

↑このページのトップヘ