トレカ天気

主に遊戯王、ポケカ、その他カードゲームに関する考察等を投稿します。
相場もたまにはあがる・・・かも。 動画もよければ見てください。→ トレカ天気ch -YOUTUBE

カテゴリ: 遊戯王

どうも相場記事担当アンディーです。
本日2022年06月25日(土)は、遊戯王の新弾ストラク「ストラクチャーデッキ 宝玉の伝説」の発売日です!!
今回は《灰流うらら》《ディメンション・アトラクター》《屋敷わらし》などと再録が強いですね!!!
さらにはストラク恒例のシークレットが入った同封パックも気になるところですね〜!
それでは、早速買取情報を見てみましょう〜!


[買取情報]
-ドラゴンスター日本橋本店 さん


-トレカチャンス さん


-精文堂CARDBOX さん




[管理人の一言]
ストラクについては買取情報が少ないようですね…😅


 

うぃっすうぃっすうぃすー!
らいふです。

先月はランクマッチの記事をあげていませんが、
今回はリミット1フェスをホープと共に遊んできたのでそのレポです。

構築はこちら。

デッキ」
基本的にはエクシーズフェスで遊んでいたホープを今回のレギュに合わせて編成し直しました。

なぜホープを選択したかというと、
・そもそもデッキの中に1枚しか入っていないカードが多い
・先攻も後攻も戦える
という点です。

みてわかるように、ランク4をたてられるように特化した構築になっています。
後攻捲りも何枚か。

通常のホープデッキで見ないカードはこちら。


フォトスラ
ZSと特殊召喚条件を食い合う。
今思い返すと、シェードブリガンダインやアストラルクリボーでも良かったかも。


カバ
先攻で出す分にはまったくデメリットのないレベル4。


ダンディ
デッキ確認しつつ出せるレベル4。
だいたい外す。


セスール
デッキから出す効果を使わなければ縛りのない汎用レベル4。


adamasia
ワンチャン、ゴゴゴシリーズがめくられれば美味しい。一回もめくられなかったけど。

これらを駆使して、とにかく先攻のホープ展開を通す感じです。
レギュレーション上、ほとんど誘発は飛んでこないので展開系が有利な感じでした。

戦績はこちら。


戦績

ほぼ勝っていますね。
負けたのは事故ったときとか、拮抗勝負で盤面はがされたときくらいです。

展開デッキなので、先攻展開してるうちにサレされるか、
後攻でも10000ワンパンして速攻終わらせる感じです。

これまでのフェスと比べると、デッキバリエーションがかなりあって面白かったです。
これ、常駐化しても面白いかも???


展開とかは過去の記事を参考に!



ではでは~。

こんにちは(●''∇'')ハロー♪トレカ天気ライターのにょりこです。

毎シーズン恒例の制限改訂となにしたか奴なのかのコーナーです。

炭酸ティアラの環境をいかがお過ごしでしょうか。

主は今更ながらラブライバーになってしまってあまり大会に出ていなかったため経験していませんが、久々に環境が固まりそうだったなぁと感じましたね。

さてさて今回はどうなってしまったのか............



目次
・改訂について
・新禁止
・新制限
・新準制限
・新無制限
・まとめ



・改訂について

FullSizeRender

わんさかありますね。

IMG_2690
IMG_2691



・新禁止


FullSizeRender

炭酸が悪い。
早めの規制をかけにいったと考えると妥当な落とし所ではある。
バジェガエル使いは泣いていい。


FullSizeRender

正直今更かけるのかというところ。
必要悪枠だと思っていたが思わぬタイミング。
ハリラドンはたしかにやばいが古より使われているコンボなので、なぜこのタイミングという理由が思い浮かばない。
炭酸で誘発サーチは理由として薄い気がしている。


FullSizeRender

全人類が納得する。



・新制限

FullSizeRender

今なのか。
ドライトロンだと思うが結局1枚あればいいのでそこまで規制の効力は強くないと思われる。
もしくは天使のやばいやつが降臨するのか。


FullSizeRender

遊戯王はここまでインフレしたのか。


FullSizeRender

炭酸ティアラの到来でそこまで暴れ回ってる印象はなかったが、準汎用レベルのカードではあるのでデッキの多様性を上げるためなのかと思っている。
じゃあ炭酸ティアラどうにかしろ。




・新準制限

FullSizeRender

結局見ないし。


FullSizeRender

妥当すぎてなんとも。
特に語ることがない。


FullSizeRender

出張パーツだからね。
少し前までなんにでも烙印融合入ってので、多様性を損ねるために規制をかけたと見ている。



・新無制限

FullSizeRender

いい塩梅なのかなぁとは思っている。
時代がオルフェゴールについてきている。


FullSizeRender

魔術師は何も知らんので何も語れない。


FullSizeRender

いつものやつ。


FullSizeRender

結局雷獣龍1枚だけだと何も起こらないので。
超雷龍も1枚だけなので大丈夫かなと。


FullSizeRender

1killがいけなかっただけ。


FullSizeRender

3連トリシューラより遥かに強いのが今のシンクロなのでつまりそういうこと。


FullSizeRender

通れば宇宙創造。
誘発受けは悪いし今の時代だと通らないと判断されたのだろう。
あと使用者いない。


FullSizeRender

未界域も長らく見ていないのでつまりそういうこと。


FullSizeRender

99年当時の人に言うと発狂しそうだが今では優秀な捲り札の1枚としてカウントされている。
インフレの産物。


FullSizeRender

こいつをリサイクルできるようにしたのが悪いが、
こいつ自身もまぁまぁ悪い気がしてきた。


FullSizeRender

炭酸ティアラのせいで目立ってないから帰ってきた。
まぁ妥当。



・まとめ

今回の禁止枠は結構思い切ったなぁと思いました。
早めの対処と油断したとこでの規制、いつでもかけていいやつと......

主は全体的に今回は大きな不満はありません。
妥当の範囲内でしょう。

ハリファイバーに至ってはファンデッキでのやりくりが大変そうですが、テーマデッキにテーマ外テーマを入れなくて済むと考えると好きな人には好きなんではないでしょうか。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございましたm(_ _)m

どうも相場記事担当アンディーです。
本日2022年06月11日(土)は、遊戯王の新弾「ANIMATION CHRONICLE アニメーションクロニクル 2022」の発売日です!!
今回はとにかく青眼の買取が気になるっっっっ!!!
早速買取情報を見てみましょう〜!


[買取情報] 
-ドラゴンスター日本橋本店 さん


-ドラゴンスター京都店 さん


-TSUTAYA大泉店 さん



-TCバトロコ柏駅前 さん


[管理人の一言]
今日からまたブログ更新頻度上げられるようにがんばります〜!
 

こんにちは。岩系です。


最近私はダイノルフィアギミックを出張させたエクソシスターデッキを使用して大会に出るようになりました。


先日公認大会の結果とデッキレシピを載せたツイートをしたところ、かなりの反響をいただきましたので、今回紹介記事を書くことにしました。

私自身エクソシスターを使い始めてからまだ日が浅く、日々調整や環境の研究をしているというわけでもないので、的外れなことを書いているかもしれません。あくまで参考程度にしてもらえたらと思います。




今使用している構築はこちらです↓
IMG_4154


純エクソシスターであればステラやエクソシスター魔法罠、手札誘発や三戦の才などの汎用カードが入っている枠にテリジアとフレンジーを入れている形です。



今回はエクソシスターやダイノルフィア自体の説明は省略し、ダイノルフィアギミックを入れることのメリット、デメリットについて書いていこうと思います。



メリット

1.先攻時の制圧力が上がる

当然ですがこれがダイノルフィアを採用する主な理由です。
一番強い組み合わせであるマルファ+テリジアによって生まれる盤面はこのようになります↓
FullSizeRender

マルファとエリスを出してテリジア召喚でフレンジーをセットし、エリスとテリジアでミカエリス。相手ターンにフレンジーを開きケントレギナからレクスターム。さらにケントレギナが墓地のフレンジーを除外して効果を発動するため、それに反応してマルファが変身。

もしくはニビルをケアしないなら(フレンジーあるし撃たれてもいいやの考え)エリスとテリジアでカスピテルを出して2枚目のエリスをサーチし、エリスとマルファでミカエリスを出すとマニフィカリタニアフレンジーまで行くことも出来ます。


展開デッキさながらのパワーですね。
IMG_4168



純エクソシスターの最大盤面であるマニフィカ+リタニアの構えは強力ではありますがニビルを踏んでしまいます。純エクソシスターにおいてマニフィカに向かう途中でニビルを踏むというのはゲームエンド級の一撃であり、最近はメインにニビルを積んでいるデッキも少なくないため、マニフィカまで行かないとキツい場面以外では必ずケアしなければならないと考えています。

しかしそうなるとミカエリス+エクソシスター魔法罠+手札誘発みたいな感じでターンを返すことが多くなり、正直物足りなさを感じていました。

そんな中少ない出張パーツで制圧力を底上げでき、噛み合いすらあるこのギミックに魅力を感じ、採用することにしました。



2,サイチェン後の先攻で勝ちやすくなる

これも上記と似た内容にはなりますが、エクソシスターを使っている中でサイチェン後の先攻の勝ちにくさが気になっていました。
一番強い構えであるマニフィカ+リタニアの盤面でもサイチェン後だと全く信用出来ないと感じています。
流行りのサイドカードであるアルテミットスレイやサンダーボルト、マニフィカまで行けなかったときに食らう羽根箒やライトニングストームであっさり0妨害になってしまうことも多く、わりと簡単に捲られてしまいます。
こちらも先攻用のサイドカードを積むことにはなるのですが、御前試合や虚無空間などの永続罠では羽根ライストに巻き込まれ、それらに対応出来る次元障壁やアーティファクトはこちらもエクシーズで妨害するためスプライト対面では使いにかったり、デスサイズが邪魔で返しのターンにワンキルやリタニアで蓋をする選択肢が取りにくかったりと使用感が悪かったです。

しかしフレンジーは好きなタイミングで開くことが出来るため、これらの問題をある程度解消してくれています。妨害が分散するおかげで1発で沈みにくくなり、返しのターンにワンキルするだけの十分な打点も兼ね備えています。

相手はレクスタームとエクソシスターの両方に対応しなければならないため、求められるハンドの要求値はかなり高くなります。

これに合わせて先攻用のサイドカードを投入することで、サイチェン後の先攻の勝率を高めることが出来ます。


IMG_4151


3.手札誘発の貫通力が上がる

エクソシスターとダイノルフィアの両方を起動出来るハンドであれば、1枚の手札誘発ではどちらかしか止めることが出来ません。
特にフレンジーの素引きが強く、エクソシスターがうららを貰いやすいのでフレンジーの通りがいいです。
増Gを受けても1〜2枚のドローに抑えることができ、上記のようにニビルをケアしても十分強力な盤面を敷けます。


4.1枚初動を増やせる

エクソシスターはマルファ以外は何かしらの組み合わせでないと動けないですが、テリジア、フレンジーは1枚で強力なモンスターを呼び出せますので所謂1枚初動にカウント出来ます。
マルファ、パークス、テリジア、フレンジー、金満で謙虚な壺(6枚めくればどれかは出るやろ)の計14枚の1枚初動となり、安定感を高めることが出来ます。
FullSizeRender



デメリット

1.手札で被ると弱い

メリットのところで手札の質を上げられる的なことを書いていますが、毎回そう上手くいくとは限りません。

出張ギミックですので基本的にダイノルフィアを使うのは1回限りになり、手札で被るとその数だけ損失になります。特にテリジアが被るとキツく、フレンジーの性質上ケントレギナを挟むことが出来なくなり、その場合マルファの変身効果を能動的に発動することも出来なくなります。
また、ソフィアとテリジアの召喚権被りも発生します。
エクソシスターはハンド1枚の比重が重いテーマであると考えていますので、腐るカードが出てしまうのは中々辛いです。


2.ダイノルフィアがエクソシスターの邪魔になる場合がある

マルファ、リタニアに制約がある以上必ず発生する現象です。特に初手でダイノルフィアでしか動けなかった時に起きがちです。
一度レクスタームを着地させてしまうとその後にエクソシスターを展開する難易度が上がり、リタニアも撃てなくなります。レクスタームを出した以上は解決札を引かれる前に早期決着を狙いたいのですが、後続が展開出来ずグダり始めることがあります。
そもそもレクスターム出してなきゃ早々に負けてた的な場面もあるので何とも言えないかもしれませんが、純構築では起こり得ない現象にストレスを感じる場合もあるかと思います。

IMG_4164


3.ライフの管理がシビア

ダイノルフィアを使うと物凄い勢いでライフが減っていきます。そうなると問題になるのがライフを800払って発動するエクソシスター魔法罠が使えなくなることです。 
環境デッキであるスプライト、ティアラメンツ、エルドリッチ、エクソシスターはいずれもメインギミック内にレクスタームを処理出来るカードがあり、フレンジーを通したからといって過信は出来ません。
盤面を崩されて勝負がもつれた際にエクソシスター魔法罠が使えないとかなり厳しくなります。

また、純ダイノルフィアデッキと違ってダメージから身を守る手段がないため、不意の一撃で死ぬ可能性があります。

FullSizeRender


4.先攻に寄った構築になる

じゃんけんに負けて後攻になるとダイノルフィアのテンポの遅さが気になる場合があります。手札誘発はしっかり入っているとはいえ、デメリットで挙げた手札での被りもより起きやすくなり、メインの後攻は少し戦いにくいかもしれません。

後攻サイチェンでは基本的にダイノルフィアギミックはぶっこ抜きます。





総評

好みによる()


絶対に入れた方がいいとは思っていません。
弱点をカバーしてはいるけども、逆に強みを消しているとも言えます。

私はずっとパワータイプのデッキを使ってきた展開系信者なので非常に性に合っていますが、そもそもエクソシスターはそういうことをするデッキではないと思いますので、採用するかどうかは本当に好みによるとしか言えません。
エクソシスターに物足りなさを感じている人にはいいかもしれません。








色々と書きましたが、一番重要なのはテリジアは女の子なのでエクソシスターの百合の世界に混ぜても問題ないということです。

IMG_4152


ゾロア採用を許すな(過激派)





今回はこの辺で
ではまた✋



↑このページのトップヘ