こんにちは。岩系です。


マスターデュエルシーズン3でも月光を使用して無事プラチナTier1へ到達出来ましたので、今回はその構築の紹介になります。


IMG_3797


今回使用したのはタイトルにもある通り先攻ワンキルを行う月光になります。
先攻ワンキルという戦術そのものに否定的な方も多いと思いますし、私も使われていい気のするものではないことは重々承知していますが、負けるとランクが下がってしまうマスターデュエルの仕様上Tier1に到達するまでは勝ちに徹するべきだと判断し、使用することにしました。


まぁアルデク5妨害やらシムルグ結界像ロビン未来龍皇やら5素材ロンゴミアントやらVFD朱雀やらも実質先攻ワンキルみたいなもんやし、文句はないでしょう

IMG_2446


1.構築について

まずは構築を紹介します。↓
FullSizeRender


彩雛+虎の2枚からカタパルトタートルのバーンダメージによる先攻ワンキルを狙う構築になります。

簡単にルートを説明すると、彩雛虎からRR展開をスタートし、ソウルシェイブフォースでベアトリーチェを出しカタパルトタートルを落とす→攻撃力が8000以上になるようアークリベリオンの効果を使い、さらにその攻撃力をデュガレスで倍にする→余ったモンスターでイヴを2体作り、それらでコーラルアネモネをリンク召喚→コーラルアネモネでカタパルトタートルを蘇生し攻撃力16000以上のアークリベリオンを射出しワンキル。

決まったルートなのでそんなに難しいことはないです。


通常展開であればフォースストリクスは1枚しか使わないのですが、ここに妨害を当てられた時に2枚目が必要になる場面があるので2枚入れてます。



普通の月光では見慣れないカードもあると思いますので、いくつか紹介します。

FullSizeRender

カタパルトタートルを蘇生するためのカードです。



FullSizeRender

コーラルアネモネに繋げるためのカードです。
この枠は水属性リンク2なら何でもいいのですが、素材の縛りが緩い(緩くないけど)カードがこいつしかいません。この枠がもっと汎用性のあるカードに代わればもう少し強くなると思います。せめてリンクマーカーが下に向いていれば…。

マスターデュエルだと召喚演出を眺められるのは利点です。
FullSizeRender

可愛いですね😊




FullSizeRender

伝説の決闘者、武藤遊戯も使用した古代兵器。
エラッタにより弱体化していますが、バーンダメージはリリースする時点の攻撃力を参照するため攻撃力16000以上のモンスターを射出するとワンキル出来ます。
素引きしてしまった場合はベアトリーチェで月光香を落とせば墓地に送れるので問題ありません。


FullSizeRender

エクシーズフェスティバルの時に自爆デッキで使われているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか?
手札を捨てつつドロー出来るため月光の安定感を高めるカードとしては非常にスペックが高いです。従来の月光ではソウルシェイブフォースとの相性が悪く使いにくいカードなのですが、この構築であれば返しのターンを考えなくていいので積極的に使えます。



2.この構築の強み


・通ったら勝ち


まず何と言っても先攻展開が通れば勝ち確というところです。
従来の先攻展開型月光ではどんな盤面を選択したとしても何かしらの弱点があり、場合によっては捲られる可能性があります。
マスターデュエルでは後攻に特化したデッキや罠型のデッキ、バーン系のデッキ等ともそれなりにマッチングするため、せっかく先攻を取って展開しても対面によってはあっさり負けることもあります。
そういった負けを一切無くすことが出来るのは先攻ワンキル型のメリットだと思います。

IMG_0762


・デッキ内の出張パーツが少ない

個人的にはこれが最大のメリットだと考えています。
通常展開ではフォースストリクスを2回使う必要がないので闇鳥も最低限でよく、他はカタパルトタートルを挿せばいいだけのため、他の月光の型と比べてメインの出張パーツが少ないです。
エクストラも汎用カードを入れるスペースは最低限あるため、デッキをコンパクトにすることが出来ます。

今回はメインは抹殺での指名と後攻時を想定して手札誘発を多めに、エクストラは後攻で盤面を捲りに行くためのカードを多めに採用していますが、この枠は先攻ワンキルに失敗したときの妥協盤面を強く出来るカードやドロー系等の事故率を軽減させるカードを積んでもいいと思います。


・後攻でもワンキルを狙えるパワーはある

これはどの型の月光でも言えることではありますが、たとえコイントスに負けて後攻になってしまったとしても、展開さえ出来ればワンキルは十分狙えます。アークリベリオンで殴る、アーゼウスで妨害を一掃してからメイン2にカタパルトワンキルを狙う等、「後攻=負け」ではないのは強いです。



3.この構築の弱み


・手札誘発に弱い

当たり前ですが妨害に弱いです。どこかが止まると先攻ワンキルが出来ないため、1枚の手札誘発で沈む可能性があります。従来の月光のように展開途中にインフィニティを出すことも出来ないため、ニビルが激ヤバです。


・取れる選択肢が少ない

先攻でも後攻でも勝ち筋が基本的にワンキルしかないため、幻影型やシムルグ型のように誘発を貫通して妨害を置いたり、相手の盤面を解決して蓋をして返すといったことが出来ません。
戦えるモンスターも少ないため、どうしても柔軟な対応は難しくなります。


・コイントス切断に対するストレスが増す

運営さん早くなんとかしてください😇
IMG_3336


4.実際に使ってみた感想

シーズン序盤だったからなのかプラチナ帯はガッチガチのデッキばかりで足踏みする時間もありました。
エクシーズフェスティバルで石も手に入り、妥協した構築も減って来ているように感じます。

竜輝巧やLL鉄獣のような展開デッキが多く、先攻展開されて何も出来ずに負けたり、これら展開デッキを意識してなのか雨のように誘発が降り注いできたりしていたため、想定していたより楽勝感はなかったです。
正直抹殺の指名者3積みありきな戦法な気もしています。

とはいえ、そのような激戦区でもしっかり勝ちきってTier1まで上がれたのでデッキパワーは十分あると思います。

回れば勝ち、回らなければ負けなのはどの型の月光でも変わらないので、不便に感じたことはあったもののこの構築だったせいで負けたという試合はそこまでなかったと思います。

逆にこの構築のおかげで勝てたのかどうかは先攻ワンキルで吹き飛んだ相手の手札が見えないので分かりません🤗
何試合かはあったと思います。知らんけど。

IMG_0032


5.まとめ

さっさとTier1まで上げて好きなデッキを使えるようにしたかったので外道戦法に手を出しましたが、他の月光の型と比べても一長一短でトータル的にはそこまで大きな差は感じなかったので、来期のランク上げでは使わないかもしれません。


熟練者に中々勝てないという人はこういった通れば勝ちのデッキを使うのも一つの手段であると思い、今回は構築を紹介することにしました。


月光は構築の多様性があるテーマですので、また別の構築を使った際は紹介出来ればと思っています。




ではまた✋