こんにちは、にょりこです。
前回の続きでございます。
なんのこっちゃという方はぜひ1章を読んでみてください。
1章
http://www.toreka-tenki.com/archives/21399152.html


さて、前回はチェーンバーンとはなにかということと、カードの採用理由について紹介させていただきました。
今回では、チェーンバーンの戦い方を紹介したいと思います。


展開(?)方法


展開方法といっても基本的に自分のターンにすることはカードをセットすることのみです。
ただし、悪魔嬢リリスを引いている時はその時の手札から1番欲しいカードを考えましょう。

446E1F28-2498-4D84-B3F4-215DC567A0E1

例えば、
6ECF5535-DC4B-40DC-ACA6-3DBFCFADA2EE

仕込みマシンガン、悪魔嬢リリス、連鎖爆撃、自業自得、仕込み爆弾
といった手札の時、悪魔嬢リリスの効果でセットするべきはおジャマトリオです。
69A1458E-1F5A-4946-9B1C-DB5A4739C0E8

なぜなら、相手が展開系でなかった場合には、ダメージ倍率が上がり辛いのですが、それをカード1枚で底上げできるためです。
上記の場合、自業自得、仕込みマシンガン、仕込み爆弾のカード3枚分に加え、連鎖爆撃のチェーン数を1増やすことができます。
ダメージで計算すると 自業自得+1500 仕込みマシンガン+600 仕込み爆弾+900 連鎖爆撃+400 が加算されるため、合計で3400ものダメージ量をカード1枚で上げることができます。
また、相手が展開系だった場合でも、おジャマトリオを確認してバーン系だと読まれ、あまり展開してこない場合もあります。その場合は上記と同じような理屈でおジャマトリオを選択するべきです。
相手がそのまま展開してきた場合でも、おジャマトリオで展開を阻害できる他、そのままダメージで押し通すこともできます。

では、おジャマトリオが初手にある場合はどうなんだ?ということですが、その場合は自業自得になります。
79219C63-BCBA-4631-84A7-190AC51200D6

おジャマトリオによるダメージ量の底上げが1番大きいバーンカードであるため、優先的に伏せておきたいカードです。

しかし、連鎖爆撃を握っている場合は例外です。
61335DB7-BF3C-42DA-975C-7DE85B82C6E8

"同一チェーン上に複数回同名カードが発動している場合、このカードは発動できない。"
と、記載されていますね。
例えば、
AB6C5503-4D1A-4F70-991F-45A4D2AFB24A

悪魔嬢リリスの効果により自業自得をセットし、自分の場に
おジャマトリオ、自業自得、仕込み爆弾、自業自得、連鎖爆撃
がセットされている場合です。

この状況で相手がモンスターを通常召喚、優先権を放棄した場合、

チェーン1仕込み爆弾

チェーン2自業自得

チェーン3自業自得

チェーン4おジャマトリオ

と、発動した場合、
連鎖爆撃は発動条件を満たしていないため発動できず、ダメージも
相手モンスター1体+おジャマトークン3体=相手の場のカード数4枚であるため
仕込み爆弾1200+自業自得2000+自業自得2000 で、合計で5200程度のダメージにしかなりません。


チェーン1仕込み爆弾

チェーン2自業自得

チェーン3おジャマトリオ

チェーン4連鎖爆撃

チェーン5自業自得

と、発動した場合はどうでしょう?
チェーン5の自業自得の処理時にオジャマトークンはまだいません。
なのでダメージ量は、
仕込み爆弾1200+自業自得2000+連鎖爆撃1600+自業自得500 となり、合計で5300程度のダメージになります。
気持ち増えましたね。

処理後に発動すればいいのでは?ということで、

チェーン1仕込み爆弾

チェーン2自業自得

チェーン3おジャマトリオ

チェーン4連鎖爆撃

効果処理後チェーン1自業自得

と発動した場合、
仕込み爆弾1200+自業自得2000+連鎖爆撃1600+自業自得2000となり、なんと7000ものダメージを削ることができます。

同じカードしか使用していないのにチェーンの組み方でダメージ量が変化していますね。

それでは、伏せカードをすべてばらけさせてみましょう。
例えば、
悪魔嬢リリスの効果により仕込みマシンガンをセットし、

0F2ED854-9DF0-4B95-86AB-A4100A3B9B0C

自分の場に
自業自得、仕込み爆弾、仕込みマシンガン、連鎖爆撃、おジャマトリオ
がセットされている場合です。
14658A14-4D53-4ADB-A48B-16DDB22F8DA8


チェーン1自業自得

チェーン2仕込み爆弾

チェーン3仕込みマシンガン

チェーン4おジャマトリオ

チェーン5連鎖爆撃

と、発動することができます。

この場合のダメージ量は、
自業自得2000+仕込み爆弾1200+仕込みマシンガン800(相手の手札が0枚の場合)+連鎖爆撃2000 となり、合計で6000ものダメージを与えることができます。

おや?一つ前の方がダメージが大きいですね。

では相手の手札が4枚の時はどうでしょう?
自業自得2000+仕込み爆弾1200+仕込みマシンガン1600+連鎖爆撃2000 となり、合計で6800です。

あれ??まだ届いていませんね?
もしかして自業自得でいいんじゃないの??

いえいえ、相手場に閃刀機関-マルチロールと閃刀空域-エリアゼロ、マルチロールの効果でセットした閃刀起動-エンゲージを増やしてみましょう。

自業自得2000+仕込み爆弾1200+仕込みマシンガン2200+連鎖爆撃2000 となり、合計で7200になりました。
ようやく超えましたね。

実際のデュエルではもっと複雑な盤面になります。
仕込みマシンガンの方がもっとライフアドバンテージを取れる盤面も出てくるでしょう。しっかり見極めましょう。

しかし、相手に自分のデッキがバレている場合、

当然相手はバーンカードを警戒してきます。そうなると削り切るのは難しくなります。その場合は先を見越してメタカードを選択するのも1つの手になります。

例えば、相手がオルフェゴールデッキだった場合、オルフェゴール・ディヴェルなどを使用してくるのは目に見えますよね。
BD94E464-A0FC-499E-98A5-EA4D949A0EFC

この場合、墓穴ホールを選択して妨害を構えるのも良いです。
738748A2-15CE-4028-BE97-7B1C797C2864

相手の展開を妨害できる他、ダメージによる牽制にもなります。

トラップトリックも同様です。
F22E92F7-B268-4B51-8E3D-B57E9CE57DF2

状況によって最善手が変わります。
ただし、"このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。"というテキストに注意しましょう。
おジャマトリオが最優先だと思って、トラップトリックでおジャマトリオを伏せてしまっても、罠カードをあと1枚しか発動できないのでダメージ量は上がりません。

つまり伏せるべき優先順位は、
おジャマトリオ>自業自得>その他
が、基本的になりますがその状況に応じて変わりやすいため、型に囚われず必要だと思ったカードを選択してください。

そして連鎖爆撃を引いていない時にチェーンをする必要はあるのかどうかですが、

ある場合とない場合があります。


相手が効果処理時にモンスターを減らせる場合、
例えば、相手の場が紫宵の機界騎士1体のみで自分の場にセットされた自業自得が2枚の場合、
AD183136-7529-4D94-899B-6A51D4FCE590

チェーン1自業自得を発動し、相手が優先権を放棄した場合、
続けてチェーン2自業自得と発動してしまうと、チェーン3紫宵の機界騎士(対象を自身)と発動された場合、チェーン1.2それぞれの自業自得は不発となり2枚分のディスアドを得てしまいます。
しかし、相手が優先権を放棄し、こちらも優先権を放棄した場合だと、自業自得の効果処理で500のダメージを与えることができます。
効果処理後に相手が優先権を放棄した場合はこちらも優先権を放棄しましょう。
自業自得を発動してしまうと上記と同じ状況になってしまいます。
相手が効果処理後に紫宵の機界騎士の効果を発動した場合、それにチェーンして自業自得を発動しましょう。
自業自得の効果処理が先に行われるので、500のバーンダメージを与えることができます。

つまりその状況において考えなければなりません。


では、神罠を警戒する場合はどうなのでしょうか?

チェーンバーンの天敵ともいえるカウンター罠
しかし相手にもライフコストという重たい制約があります。
チェーンバーン相手にライフコストを払うのはさぞ怖いことでしょう。

さて、相手の場にはセットされた神の宣告のみで手札は0枚です。
自分の場にはセットされた仕込みマシンガンが3枚あります。
相手ライフは残り600です。
51FA70B9-3C91-432D-80FE-E6FF9452DE51

頑張って削り切りましょう。


チェーン1仕込みマシンガンを発動し、200ダメージを与えました。
残りライフ400です。

効果処理後にチェーン1仕込みマシンガンを発動し、さらに200ダメージを与えました。
残りライフ200です。もう少しですね。

効果処理後にチェーン1仕込みマシンガンを発動、しかし相手がそれにチェーンして神の宣告を発動しました。
コストとしてライフを半分払い、ライフが100になりましが、仕込みマシンガンの発動を無効にされてしまいました。

もう少しでしたが削りきれませんでしたね。


もう一度チャレンジしてみましょう。


チェーン1仕込みマシンガン

チェーン2仕込みマシンガン

チェーン3仕込みマシンガン

と、発動しました。

このまま通れば相手のライフを削り切ることができます。
なので相手はチェーン4で神の宣告を発動せざるを得ませんが、
発動してみたらどうでしょうか?

神の宣告の効果によりライフを半分払い、チェーン3の仕込みマシンガンの発動を無効にされてしまいました。
残りライフは300です。
チェーン2の仕込みマシンガンにより200ダメージ
チェーン1の仕込みマシンガンにより200ダメージ


削り切ることができましたね。



このようにチェーンをしなかった場合、最後のカードに対して無効カードを発動されることにより、削りきれなくなる場合があります。

そのため、神罠を読む場合はチェーンをした方が良いと言えます。


チェーンバーンはダメージ効率を1番に求めます。
そのため、相手の展開が一番広がるところを見極めなければなりません。
チェーンバーンでも色々なデッキの知識を頭に入れておく必要があります。
意外と奥が深いでしょう?笑



またまた長くなってしまいましたね。
文章をまとめるのが下手くそですね。
また一区切りさせていただきたいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

3章
http://www.toreka-tenki.com/archives/21413508.html