トレカ天気

主に遊戯王、ポケカ、その他カードゲームに関する考察等を投稿します。
相場もたまにはあがる・・・かも。 動画もよければ見てください。→ トレカ天気ch -YOUTUBE こちらにも掲載していただいております! →遊戯王あんてなさん http://yugioh-antenna.sakura.ne.jp/

2022年04月

こんにちは(●''∇'')ハロー♪ トレカ天気ライターのにょりこです。

先日参加した日本選手権店舗予選のレポートをしようと思います。

チェーンバーンの可能性を見せることが出来たと思っているのでぜひ、目を通してもらえたらと思います。

参加者15人で知り合いなし(顔メタなし)です。


1回戦

vs セフィラ

じゃんけん負け

1戦目、後攻

サベージ、アーデク、シウゴ九支、(見えてない)神撃でターンが返ってくる。

天獄の王に妨害使ってくれないかなーと初手使ったらなんとサベージを消費してくれました。
アーデクシウゴをラヴァゴーレムで吹き飛ばして相手のハンドは0なので強貪通して手札潤い!

破壊輪対象ラヴァゴーレムするも神撃で止められたのがマストカウンターで、強貪に無効が飛んでこなかったから伏せはブラフか指名者だと思って計算してたのでライフ足りずに押し切られて敗北。

2戦目、先攻

5伏せでターンを返す。その間10秒。
相手が適当に動いてからセフィラビュートで伏せを割ってきたが1/5のやぶ蛇をヒットさせ、異性の最終戦士で詰み。
そのままET入ってライフ差で勝利。

3戦目、後攻

EDで相手が魂の展開。
最大盤面ではなかったが、モンスター3体で多分合計5妨害くらいあったと思うけど、手札なし神撃なしで返ってきました。
そして無慈悲にもラー玉ライストで壊滅させる。
相手リソース無かったんでライフ差で勝利。


2回戦

vs 天威相剣

じゃんけん勝ち

1戦目、先攻

5伏せでターンを返す。
相手は様子見をした様な感じで、龍淵チラ見せの莫耶でこついてからショウフクでターン返ってくる。

追加伏せでターンを返し、相手の龍淵起動に合わせた墓穴ホールを皮切りにバーン当てまくってライフ削り切り勝利。

2戦目、後攻

お相手さん、フル展開。
私、フル罠。
全てを止められ敗北。

3戦目、先攻

お互い攻めあぐねてだらだらとETへ......。
ちまちまバーンダメージを与えながらスケゴで盾だしてライフ差で勝利。


準決勝

vs オルターガイスト

じゃんけん勝ち

1戦目、先攻

5伏せで返すと2伏せで返ってきた。
何を血迷ったのか私はチェーンバーンと読んでしまい、カードを温存すると罠開いてフェイカーシルキタスからメリュシークで剥がされ、2へクスティアで蓋をされて敗北。

2戦目、後攻

このデッキお得意の不意をついた選択権後攻取り。
相手の伏せをライストで一掃、出てきたフェイカーシルキタスをラヴァゴーレムで吹き飛ばす。
メリュシークでやぶ蛇を剥がさせて、ヴァレルエンドで蓋をする。
解決札を引かれるもギリギリダメージが間に合い勝利。

3戦目、後攻

強金スタートで伏せてくるいつもの。
こちらはあろうことか妨害札、捲り札0の手札事故。
全体除去&メリュシーク読みでやぶ蛇2枚を伏せてターンを返すもフェイカーシルキタスで1つ帰ってきた。

さらに強金使われ残りEX3枚。
ターンが帰ってトップはやぶ蛇。
魂のやぶ蛇3枚伏せでターン返す。

相手メリュシークで殴ってきたので確定やぶ蛇チャレンジからのアルコン降臨。
セレーネまで行かれて肝を冷やしたけどアルコン抜けなくてEDライフ差で勝利。


決勝

vs イビルツイン

じゃんけん負け

1戦目、後攻

相手上振れ(?)でトラブルサニーマスカレーナの構え、サンダイオンで殴るも泡影リィラで突破される。
イビルツインのコンパクトな展開でダメージも伸びずそのまま押し切られて敗北。

2戦目、先攻

除去を引けずにコンパクトな展開をされ、ダメージ伸びずにそのまま敗北。



結果は..................


"準"優勝!!!!


権利を得ることが出来ませんでした!!!


最後の最後でやらかしましたが、チェーンバーンの可能性を示せたのではないかと思っています。

日本選手権で使用した構築論はこちらを読んでいただけたら幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。m(_ _)m

こんにちは(●''∇'')ハロー♪ トレカ天気ライターのにょりこです。

前回の記事から半年ちょい経っており、日本選手権に向けて構築を少しいじったのでまたしてもチェーンバーンの紹介をしていこうと思います。

マスターデュエルでたまにチェーンバーンを見ますのでそれの参考にでもしてもらえたら幸いです。

もちろん大会でチェーンバーンを使いたい変態(?)の方もぜひ参考にしてもらえたらと思います。

また1から紹介しようと思いますので、長くなると思いますがご容赦ください。m(_ _)m


0F0A645E-AA30-46A8-A1C4-B0EB15A9AB6A


目次
・構築
・採用理由
・さいごに



・構築


IMG_2786

そこまで大きくは変わっていません。
「剣の女王」の罠バージョンみたいなカードを新規で刷ってください。

主にサイドを変更したのでメイン、エクストラの採用理由は雑にしてますので遠慮なくコメントで質問ください。
めっちゃ喜びます。←


・採用理由


〜メインデッキ〜


FullSizeRender

ハーピィの羽根箒を許してはいけない。
好きな罠セットできる。
強い。(語彙力低下)


FullSizeRender

モンスター1体をほぼ確実に葬れる。
2000ダメージ。
戦闘効果破壊耐性。



FullSizeRender

モンスター2体をほぼ確実に葬れる。
1000ダメージ。
破壊輪による自作自演。


FullSizeRender

可愛い。
手札誘発。
「ハカイリンチェーンサヨシグレ」


FullSizeRender

ドローソース。
大体何が飛んでもいいから実質ノーコスト。
幼女の餌。


FullSizeRender

唯一のチェーンバーン要素。
目標は5〜7。
最高はチェーン11。(ドヤ顔)


FullSizeRender

4枚の盾。
古のリンク手段。
雑に強い。


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

ダメージソース。
チェーン稼ぎ。


FullSizeRender

妨害札。
ダメージソース。


FullSizeRender

妨害札。
ダメージソース。
「ハカイリンチェーンサヨシグレ」



FullSizeRender

妨害札。
実質サンダーボルト。
強い。


FullSizeRender

好きな罠セット。
チート。
制約注意。


〜エクストラデッキ〜


FullSizeRender

高耐性を無視して素材にして除去。


FullSizeRender

強い。
やぶ蛇から出てくる。


FullSizeRender

強い。
スケープ・ゴートから出てくる。


FullSizeRender

やぶ蛇から出てくる。
スケープ・ゴートから出てくる。
増殖するGの止めどころ。


FullSizeRender

スケープ・ゴートから出てくる。
雑にダメージを通せる。


FullSizeRender

スケープ・ゴートから出てくる。
ドローソース。
3300打点。


FullSizeRender

スケープ・ゴートから出てくる。
色んな奴の中継地点。
こいつも強い。


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

スケープ・ゴートから出てくる。
色んな奴の中継地点。


FullSizeRender

やぶ蛇から出てくる。
控えめに言って強すぎる。


FullSizeRender

素出しする。
追いダメージ。
赤文字かっこいい。


FullSizeRender

やぶ蛇から出てくる。
魔法罠を止め続ける。


FullSizeRender

やぶ蛇から出てくる。
モンスター出させない。


FullSizeRender

やぶ蛇から出てくる。
アクセスコード・トーカーに対する解答。


〜サイドデッキ〜


FullSizeRender

天威勇者や天威相剣、その他展開系に対する解答として採用しました。
3体除去による盤面解決をし、相手がリソースを使い果たしてることもあるのでそこからゆっくり焼くことが出来ます。
リンク素材になることが多いので期待はしていませんが、たまに帰ってくることがあり、その場合はかなり性能が高い盾となるので重宝します。


FullSizeRender

挿しておくとやはり便利で色々な役割を柔軟にこなしてくれます。
盤面解決力も高く打点としての運用も申し分ない上に、他の採用モンスターとも喧嘩しないので不満の言いようがありません。


FullSizeRender

目には目を歯には歯を、ライストにはライストを。(?)
やはり罠デッキに対して強気に行くことができ、展開デッキに対しても縦で置かれてるモンスターを除去、もしくは1妨害を踏むことができます。
また、デッキタイプ的に表側でカードが残ることが少ないので発動できる機会が多いためフル採用。
後述によるさらなる目的も......。


FullSizeRender

目には目を(ry。
罠デッキに(ry。
後述による(ry。


FullSizeRender

全体除去に対する解答。
ハーピィの羽根箒、ライトニング・ストーム、拮抗勝負を先手でも採用することによって天獄の王、やぶ蛇、トラップトリックに続く10枚目の解答として機能するようになります。


FullSizeRender

今回のオシャレ枠。
1妨害踏むことができたり相手にバーンダメージ与えたりすることができるが、真骨頂は②の効果。
好きな罠をセットし、手札からならそのターンでも発動可能で制約もなし。
強すぎることこの上ない。


FullSizeRender

全体除去に対する解答。
デッキによっては詰ますこともできる。


FullSizeRender

必ず1枚は残ってしまうがターン1制限がなく耐性も関係なく除去でき、ドローソース封じの魔封じの芳香も貫通できるのでこちらが3枚でもよかったかもしれないが、ダメージソースを無理やり使いたくない時も多いので結局2枚でいいかもしれない。
結果論でコロコロ変わりそうなので2枚固定の強い意志でいようと思います。


FullSizeRender

追いトラップトリック。
先手を取った時の全体除去に対する解答を増やしたいためにサイドにも1枚採用。
腐ることがないので全体除去が飛んでこなかったときにも使えるので非常に優秀であるが被りだけは勘弁してください。



・さいごに


久しぶりのチェーンバーンの解説記事になります。
7年も使ってると灰流うららや増殖するGの打ち方を忘れるんですよね。←
もう大会でかれこれ3年は使っていません。
大会用の他のデッキでも採用していないんですよね。


さて、メインエクストラなんかは特に雑に描いてます。
いつもと同じなので←
質問等あれば遠慮なくコメントください。
あとネタもくださいm(_ _)m

最後まで読んでいただきありがとうございますご


こんにちは!らいふです。

デュエリストの永遠の悩み
「手札事故」
嫌ですよね。

初動引かなかった!!

とか、

初動だらけで妨害札引けてない!!

とかね。
特に初動を引けていないときに考えること、
「デッキ太らせてでも有効札増やしたほうがええんか?」
「やっぱ有効札減らしてでもデッキをスリム化したほうがええんか?」
です。
ここに関しまして、最適なデッキ枚数を確率的に検討していくという試みです。

目次
  1. 有効札は入れればいれるほどいい!!???
  2. 1枚だけ有効札を引きたい!!
  3. 2枚だけ有効札を引きたい!!
~過去の計算はこちら~









1.有効札は入れればいれるほどいい!!??

さて、太らせてでも有効札は突っ込んだほうがいいのか。
はたまたスリム化したほうがいいのか。
最も簡単な例から確認していきましょう。

※デッキを構築する上で初動として欲しいカードを今回は「有効札」と呼ぶこととします。
(召喚獣デッキにおけるアレイスターや暴走魔法陣などです。)

基準を40枚構築とし、その中に何枚かの有効札を入れておきます。
そこから41枚にするときは有効札を1枚追加、42枚にするときは有効札を2枚追加・・・
という風に、有効札のみを入れていったとき、初手5枚の手札に初動が1枚は来る確率を計算しました。

01_デッキの枚数に対する有効札をひく確率

それぞれ、40枚段階で1枚のみある場合、5枚ある場合、10枚ある場合、15枚ある場合で計算しています。
どの場合においてもデッキの枚数を太らせてでも有効札を入れていくことは、
初動を引く確率をあげる=事故率が減る

という結論にいたります。
すなわち、最適デッキ枚数はとにかく太らせればいい!!ということです。

が!!!

例えば、極端な話、手札5枚すべて初動!!とかも、ちょっとやりすぎなわけです。
(アレイスター、アレイスター、暴走魔法陣、暴走魔法陣、暴走魔法陣とかね)

初動は1枚のみひいてあと4枚は手札誘発とか汎用罠とか引きたいなーとか、
初動2枚は揃っててあとは墓穴と誘発がいいなーとか。
そういうバランスのいい手札が理想ハンドですよね。
ということで、さらに考察を進めていきましょう。


2.1枚だけ有効札を引きたい!

初手5枚で1枚だけ有効札を引きたい、その他4枚は墓穴や誘発などを引きたい、
という場合の最適デッキ枚数を確認していきましょう。

同様に、デッキ枚数40枚を基準として有効札のみでデッキ枚数を増やした場合に、
初手5枚で1枚のみ有効札を引く確率を計算しました。


02_手札5枚で有効札を1枚のみ引く確率


今度は先程とは様子が変わり、
条件によっては変曲点がある=最適値がある
とわかります。
例えば40枚構築段階で5枚の有効札が入っているデッキがあるとしましょう(赤線)。
このとき、初手5枚で1枚のみ引く確率が最も高いデッキ枚数は43枚ですので、
有効札を8枚にしたほうが確率論的には最適値となります。

それぞれのデッキ枚数で最適値を確認すると次のようになります。


03_1枚のみほしい場合の有効札枚数に対する最適デッキ枚数



有効札が8枚になるあたりで最適値が40枚になっています。
すなわち、
・40枚段階で有効札7枚以下ならば多少太らせてでも有効札は入れたほうがいい
・ある程度以上太らせるとむしろ2枚以上引くことが増えてくるからあまり増やしすぎてもだめ

ということです。
もちろん、次ターンのリソースも引いておきたいので1枚じゃ嫌という場合もありますがね。

3.2枚だけ有効札を引きたい!

1枚初動のデッキ(イビルツイン、プランキッズ、召喚獣など)は上記で十分事足りますが、
展開系だと2枚初動の場合もあるわけです。
じゃぁ、2枚のみ引きたい場合の最適デッキ枚数は?となります。
計算してみました。

04_手札5枚で有効札を2枚のみ引く確率

先ほどとは変曲点の位置が変わっています。
こちらはやや簡略化したもので、2枚の組み合わせとして同名カードも含んでいます。
(月光虎+月光虎など)
そのため、厳密には初動組み合わせとは異なりますが、そこはご愛嬌ってことで。

05_2枚のみほしい場合の有効札枚数に対する最適デッキ枚数


デッキ40枚に落ち着くのは有効札が16枚のときです。
すなわち
・40枚段階で有効札が16枚になるまでは多少太らせてでも入れたほうがよい
ということです。

(もう一度記載しますが同名かぶりもカウントしていることに注意です)

例1:
40枚段階で有効札10枚。ここから有効札を1枚増やして41枚にすべき?
→太らせてでも入れるべし
例2:
40枚段階で有効札20枚。安定感を増すためにデッキ太らせてでも有効札入れる?
→やりすぎ。40枚のままでよい


という判断ができます。


さいごに

今回は最適デッキ枚数を有効札の枚数と引きたい枚数から検討してみました。
が、とはいえあくまで確率的な話なので、デッキ構築の際のおまじないレベルの話です。
真の強者は確率を飛び越えた領域で戦っていると個人的には思っているので、
頭の片隅にでもおいてもらえれば幸いです。
ではでは~~。

うぃっすうぃっすうぃっす~。
例のごとく今期もオルターガイストでプラチナTier1到達したので、
デッキ構築の紹介やデッキ分布などを紹介しようと思います。
無題

過去の記事はこちら。








<構築の紹介>
今回、最初から最後まで使用していた構築はこちら。

デッキ
とにかく先攻に寄せてみました。
何枚か試してみたいカードがあったのでその紹介とか。


ドロバ
ドライトロンとかにささるかなー?と思って入れていましたが、結果的に微妙でした。
MDでは展開型が強いので、ドライトロンやLL鉄獣鉄獣が強く、
増Gでのリソース確保が大事となりますが、その妨げとなるためにう~ん・・・となることが多かったです。
特定の相手にはぶっ刺さりますが、今の環境だと広く汎用に使える札のほうがいいかなと感じました。


ネクロ
OCGではプロトコル下でも無効にされる裁定に変わってしまいましたが、
MDではまだ反映されていないようで、今だに最強プロトコルです。
先攻で事故り散らかしててもこれを置いておくだけでサレンダーしてくるデッキがうじゃうじゃ。
特にドライトロンとかね。
最強。


割拠
う~ん、刺さらん!!!!!!笑
GOLD帯をふらふらしているときから、抜きて~~~~と思っていたカードです。
極稀にぶっささりますが、基本的には刺さらないし微妙です。


その他、EXは13枚にしています。
御存知の通り、DDダイナマイトbotが流行っているのでその対策ですが、
本当に即サレしてくるのでただのスキップとなります。
やってみるもんですね。

イグナイトやDDダイナマイトはGOLD帯にうじゃうじゃいますが、
PLATINUMまであがればほぼ皆無なので、やはり勝ち上がるのは難しいんでしょうね。


<デッキ分布>
今シーズンのデッキ分布です。

gurahu
GOLDとPLATINUM合わせたものです。
分布数が少なかったものを除くとこんな感じ。


chart

鉄獣系(十二、純、LL含む)
ドライトロン
シャドール(召喚、ドラグマ含む)
岩石リンク

が4強って感じですね。

鉄獣、ドライトロンはいつものことなのでまぁいいんですが、
シャドールと岩石リンクがあがってきています。
シャドールは基本的には召喚シャドールで、
メルカバー出してノー伏せエンド!が多かったです。
・・・・bot?と思うくらい、とにかくなんでもどこで即打ちしてくる感じでした。
なぜ増えたのかよくわからんです。

岩石リンクはかなり多かったです。
安定感がありますし、人気があがってきたのでしょうか。

先期からの違いは、ヌメロンとサイバーが減ったことです。
後攻ワンキルはやはり厳しい?となったのでしょうか。
ヌメロンはXYZフェスで流行っていただけなのかもしれませんね。

<対環境への戦績>
先攻勝率後攻勝率
鉄獣50.0066.67
ドライトロン66.670.00
シャドール75.0080.00
岩石リンク75.0050.00

対環境への成績は上記のような感じです。
鉄獣とは五分五分といったようにみえますが、実際にはLL鉄獣鉄獣にはタコ負けしていてそれ以外には勝っているため、結果的に五分五分といった感じです。
普通の鉄獣や十二型はそれほど驚異ではありませんが、やはりLL型は無理ゲーです。

ドライトロンは後攻でこそ負けていますが、先攻ならば勝ち越せています。
いや、そりゃ先攻デッキなんだから・・・という感じですが、
それでもようやくという感じです。
ネクロバレーがやはりぶっ刺さりでした。
今回は魔法族の里かネクロバレーか選べるときにはネクロバレーを選択していました。
結果としてはそれがよかったのだと思います。

シャドールは基本的にはそれほど苦戦しません。
メルカバーがいてもプロトコルで無効にされなくなるし、ミドラーシュはメリュシークでワンパンです。
また、ここでは群雄割拠が活躍しました。
アレイスター→アルテミス→召喚魔術、で割拠開くと止まるため、
よかったのかもしれません。

岩石リンクは勝ち越しこそしていますが、
何かがぶっ刺さったという感じはありません。
手札誘発が11枚入っているので、パシパシ投げていたら勝ったという感じです。
とにかくブロックドラゴンを持ってこられないように意識して立ちまわっていました。

<最後に>
今期も無事に達成できてよかったです。
新パックも来て、まぁそんな変わらんやろと思っていましたが、
案の定そんなに大きな変化はなかったです。
とはいえ、まだ4月も始まったばかり。
来月にはバロネス交えたアウローラドンが増えていることでしょう。
ではでは。

↑このページのトップヘ