こんにちは。
らいふです。

2020/4/1の新ルール・新制限・新裁定に向けたオルターガイストのデッキを組み、
身内のみですが小規模なCS?に参加してきましたのでその結果も含めてまとめておこうかと思います。
別のライターさんも同じ大会に参加していました。
その結果は下記から。


今回は、
・構築に関して
・大会の結果
・総評

で記載します。

◆構築に関して
デッキレシピは以下のとおりです。

メイン

サイド

メインは基本的にはスタンダートな構築ですが、数種類、
通常はメインから入っていないカードが入っており、
EXとサイドに関しては良く言えば「個性の塊」になっているかと思います。笑

・オルターガイストパーツ
基本セット通りかと思います。
メインに強欲で金満な壺が入っておらず、でもヘクスティアは3枚、プークエリも3枚入れています。
オルターガイストの動きが好きなので、
できるだけヘクスティアをバンバン惜しみなく出しながら墓地へ送ってアドを稼ぎ、
オルターガイストの動きで勝つ!
というコンセプトです。

・誘発枠
誘発は10枚を基本としています。
理由は下記のブログから。

うらら3枚で試してみましたが、やはり2と3では雲泥の差で、
めちゃくちゃ引きますね。
もともとはここの1枚枠にしぐれが入っていました。
10192
誘発の種類はできるだけ散らすことを意識していて、
抹殺のケアだったり、墓穴でとんでも別の誘発が打てるように、という感じです。
また、メインから見るにはちょっとめずらしい幽鬼うさぎですが、
普段参加している大会で、月光とエンディミオンがいたり、
ライトステージのケアとして入れてます。
相手も警戒してないことが多いので、タイミングさえ間違えなければ結構効いたります。

・神枠
意識しているのは、ドラグーンとインスペクト・ボーダーです。
51yiJb-H+ZL._AC_SY450_
神の通告が一般的だとは思うのですが、
真紅眼融合素引きでうたれたときに、警告ならば止められるので通告より優先しています。
オルフェゴールのようなフィールド外で効果を多用してくるデッキを見るならば通告だとは思うのですが、普段出ている大会にオルフェゴールが少ないため、というのもあります。

・魔封じ、勅命、醒めない
統一しろや!!と感じるかもしれませんが、ちらしているのはちゃんと理由があります。笑
対環境!と見るならメタ相手を決めるのはいいとは思いますが、
よく参加する公認でも分布かぶりがほとんどないので、
デッキによっては意味ない!とならないように、広く構えています。
この3枚があれば、センサー万別、ライトステージのような強カードも見れますし、
エンディミオン、セフィラ、月光のようなペンデュラムテーマも見ることができます。
あと、なぜか周囲に60枚デッキが多いので、隣の芝刈り対策で魔封じが効いた入ります。笑
51sAjGb+mpL.__AC_SY445_QL70_ML2_

・スキルドレイン
プロトコルがあっても効果が使えるという、発売当初の古のセット、スキドレオルターがまた流行っていますね。
プロトコル、フェイカーの安全なサーチができるようになったからこそですね。


次はEXに関してです。
普通入っていないのは以下のカードでしょうか。

・デイブレイカー
EXゾーンに出てきたアニマが邪魔でしょうがないときに使えます。
あとはリンク先にモンスター出してカウンターで雑に魔法罠を割りたいときとかですね。

・ヴァレルソード
入っているのをほとんどみかけませんが、
結構出すチャンスは多いです。
オルターだしワンキルされへんやろ!!と油断している相手をワンパンします。
公認でよく出会うkozmoを上からしばくのにも使います。
あとは効果使用済みのドラグーンとか。
sim

・セレーネ、アクセスコード
先攻プークエリリンクをしていって、
リンクロスのトークンが次のターンまで余ったときに使います。
モンスターをだしてセレーネへ。
1体はリンクリボーに変えて、セレーネとリンクリボーでアクセスコードへ。
除外して盤面剥がして大ダメージ!という感じですね。

・異星、ドラグーン
やぶ蛇要因です。
オルターガイスト!とわかると、まぁだいたいはツイツイやらライストやらハーピィやら打たれるので、保険として入れてます。
よくやるのは、
相手のハーピィ→自分が神宣→相手がリブート
で処理時にデッキからやぶ蛇をセットしてきて、割ってもらってそのままドラグーンか異星を出します。
まぁ、とはいえハーピィが通ったらだいたい負けるんですけどね。

次はサイドです。
ま~~~~~個性の塊って感じです。
基本的な思想は、「できるだけ散らせたい」です。
サイチェン!となったときに、これ有効だな~と思うカードがないと不安でしょうがないからです。
大会前日までは15枚すべてバラけてたんですが、当日にちょっとだけ組み替えて画像のようになりました。

・DDクロウ
新裁定もありますが、基本的には墓地利用を多用するデッキは多いので、結構使う機会は多いです。
先日の大会では、サイバードラゴンコアを除外するのに活躍してくれました。
06201

・ラヴァゴ
まくり力のないこのデッキでは雑なリリース要員は必須です。
壊獣と迷いましたが、ラヴァゴ召喚に自分で神警うつの面白そう!と思って入れました。
結局、最後までひかなかったんですが。

・パンクラ
久々に入れてみました。
参加者にボーダーを使う人がいるので、それ要因です。
あと、やっぱり雑に強いですよね。

・ネクロバレー、里、メタバース
魔鍾洞も入るのかもしれませんが、使っても使われても大嫌いなカードなので、
入れません。笑
里は普通に相性がよくて強い。
そしてネクロバレーはプロトコルがあれば自分だけ使えるというのが強くて、入れてます。
大会では月光を倒すのに大活躍してくれました。
裁定

・ライスト、ハーピィ
叢雲ダイーザ系とかバック系のデッキに後攻から強く出られるので採用。
あとはボーダーみたいな厄介なカードもライストで飛ばせますね。

・群雄割拠
最近では誰も警戒しなくなったおかげで、表にするだけで相手が止まったりします。
サラマンも減っていますし、最近のオルフェゴールは最後にマスカレーナになるし、
その他のデッキに関してもひとまずはハリファイバーになってくれるので、
結構強いと思います。

・拮抗勝負
エルドリッチ殺すマンとして入れました。
結局、エルドリッチには当たらなかったんですけどね。

◆大会の結果
予選6回戦だったのですが、4-2で決勝にはあがれずでした。
うろ覚えですが、結果は下記の通り。

VS月光 2-1
1-1までもつれましたが最後にネクロバレーで勝ちました。

VSエンディミオンセフィラ 0-2
2戦とも事故って負けました。しゃーなし。

VSサイバー 2-1
1戦目はとられ、2戦目はなぜか30分くらいやっていて、最後はリソース差で勝ちました。
3戦目はEDでしたが、単に手札の噛合で勝ち。

VSサイフレーム 0-2
動きがわからず負け。
そしてサイドもなーんにも刺さらない。
完敗でした。
(ちなみに優勝してました)

VS古代の機械 2-1
僕のフリー用古代の機械デッキの構築相談にのってくれている人なので、むしろ相手の構築を私が知っていました。
とにかく、アンティークギアフォートレスを通さないようにして勝ち。

VS彼岸 2-0
手札が良さげで、とにかくあらゆるところに妨害を当て続けて勝ち。

このように、どんなデッキが出てくるかまったく予想もつかないような分布だったので、
ちらしておいたサイド、メインの誘発、魔法対策枠が機能してくれていたと思います。

◆総評
制限改訂前からほとんど変えてなくて、
しぐれ→うららとしただけですが、新ルールによる影響はほとんどなかったなぁという感想です。
他の方もまだ新ルールでの動きに慣れていないのでしょうか。
新ルールならではだなぁ・・・と感じることはなかったです。
まだしばらくはこの構築で行けそうですね。
ただ、シンクロ系デッキとはまだやっていないので、そこへの対策は真剣に考えておかないといけないですね。
ただ、新ルールによって動きが変わることもないデッキなので、やはり新ルールによって強くなったデッキを使いたいですね。