こんにちは。いわけーと申します。

身内に半ば乗っ取られているトレカ天気さんのブログコーナーに私もお誘いいただいたので、投稿してみることにしました。

こういったものを書くのは初めてということもあり、拙い文章かもしれませんがご容赦ください。
また、例によって※個人の意見です。の一言を添えておきます。


ここでは私が普段使用している月光というデッキについて色々と紹介していけたらと思います。


1.【月光】ってどんなデッキ?


月光はアニメでセレナが使用していたように、融合を駆使して後攻ワンキルを狙うデッキです。
デュエルリンクスでも最近実装され、そのワンキル力を体感している方も多いのではないでしょうか?
強烈な突破力のあるライオダンサーを筆頭に殺意の高いテーマとなっています。


9e0822cd

2.鳥獣月光について


ここでは私が普段公認大会等で使用している構築を元に、月光の動き方などを紹介しようと思います。
それぞれの効果については説明すると長くなるので割愛します。

見辛いですが構築はこちらになります↓

IMG_maj4yj
IMG_-bqdpzd


いやお前月光の融合体入ってないやんけ!
月光使い名乗んなモブ眼鏡!

そう思う方がいらっしゃるかもしれません。

私もそう思います。


バチバチの先攻制圧構築です。
しかし、月光の大会用構築としてはわりとメジャーな鳥獣月光と呼ばれる型になります。

基本的には先攻を取り、シムルグ竜巻竜ホープ結界像インフィニティを最終盤面として展開していく戦術を使っています。
結界像で特殊召喚を封じ、シムルグホープインフィニティで結界像を守り、竜巻竜で結界像が刺さらない罠系のデッキをケアしていきます。

決まればほぼ勝ちです。


3.展開ルートについて

上記の盤面を目指す展開ルートについて紹介します。

キーカードはこの3枚です。

110260257
9066076ad6a201a86a300247569f84d4_20181109415744
IMG_20200202_140943


まずは皆さん、月光彩雛を用意してください。このままでは普通の月光。
では次に、月光虎を用意してください。
ここからがマグマなんです。



彩雛召喚効果発動黄鼬を墓地へ虎発動P効果で黄鼬SS彩雛黄鼬でフォースストリクスSS効果でシンギングレイニアスをサーチし自身の効果でシンギングSSフォースストリクスとシンギングでワイズストリクスSS効果でゼピュロスSS黄鼬効果で虎回収して自身をSSゼピュロス黄鼬でフォースストリクスSS効果でクリスサーチワイズ効果でソウルシェイブフォースセットそのまま発動し墓地のフォースストリクスを素材にサイバードラゴンインフィニティSSワイズとフォースストリクスでシムルグSS回収した虎を再度発動し彩雛SSゼピュロス効果で虎を回収し自身をSSクリス自身の効果でクリスSSゼピュロスとクリスでホープSS虎を再度発動し黄鼬SS彩雛黄鼬で竜巻竜SSエンドフェイズにシムルグ効果で結界像SS

ヤァァァーーーーイ!!!


簡単に言うと月光虎を使い回してモンスターを増やしていきます。
書いてて思いましたが、一から説明するって難しいですね。YouTubeで検索して動画で見てもらえれば分かりやすいです(他人任せ)

とはいえ文字にすると見辛いですが、基本的に一直線な展開ルートなので魔術師やドラゴンリンク等の展開デッキに比べればわりと回しやすいと思います。



また、この展開は無限に派生させることができ、基本的に月光彩雛と月光虎が揃えば何でもできます。

ロムルス、キュリオス、グリフォン、ベアト、エレク、ハリ、ユニオンキャリアー、ダランベルシアン、バルディッシュ等相手の妨害や出張パーツを考えなければやりたい放題です。
自分好みの展開ルートを模索できるのが月光のいいところです。


月光パーツはほとんどストレージに落ちているので、わりと安く組めるのもオススメポイントです。


4.ライオダンサー不採用の理由


さて、ここまで月光と呼んでいいのか怪しいデッキの紹介を行いましたが、月光の顔と言ってもいいライオダンサーが居ないことについて触れていこうと思います。


アザトートの投獄や先攻制圧型構築であること等色々と不採用に至る理由はありますが、基本的にはこいつのせいです↓
IMG_0097


今期の店舗代表戦やYCSJを血に染め上げた最強カード。
私も最初はライオダンサーの圧倒的なキル力に惚れて月光を使い始めたのですが、突如現れた悪の竜騎士によって我らが姫様は蹂躙されてしまいました。


_AC_SY400_

こちらがライオダンサーです。
どう見ても最強のモンスターなのですが、悲しいことにライオダンサー単体では打点が上がったドラグーンを倒すことができないのです。

妨害を踏みながら最後にライオダンサーで〆るというこれまでの展開が、あのバケモン1体が立っているだけで出来なくなってしまいました。

一応クロシープから月光蒼猫を蘇生しライオダンサーの攻撃力を倍にする、ヴァレソやアストラム、アクセスコードと並べるなど、ゴリ押しで解決することはできます。
ただ、ドラグーンを前にここまで展開出来るならその途中でもう相手は死んでしまいます。


ライオダンサーを採用する場合、融合素材のパンサーダンサーと融合に必要な月光狼が必須になります。
そういった先攻では使わないカードが腐ってしまう場合とライオダンサーでなければ勝てなかったという場面がどれくらいあるのかを天秤にかけた結果、足枷になるぐらいなら潔く抜いてしまおうと考えたわけです。



制限改訂や新ルールによる環境の変化によって事情が変わってくれば、またライオダンサーを最大限使えるような構築を考えたいと思っています。

やはり月光と言えば後攻ワンキルですからね!
それにいわけーと言えば後攻ワンキルですからね!(それは知らん)

5.終わりに

なんか長くなってしまったような気がしますので、一度ここで区切ろうかと思います。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。


正直公認大会もなく制限改訂前のこのタイミングで書いてもしょうがないような気もしていますが、さっさと自己紹介を済ませておこうと思ったので書いてみました。


ちょくちょく更新していければと思いますので、今後ともよろしくお願いします。
遊戯王カード買取センター