トレカ天気

主に遊戯王、その他カードゲームに関する考察等を投稿します。
相場もたまにはあがる・・・かも。 動画もよければ見てください。 https://www.youtube.com/channel/UCDQ5URK3-EiJf91Ov7T365A

2021年07月

こんにちは(●''∇'')ハロー♪ トレカ天気ライターのにょりこです。

BODEがこの前発売しましたね。
ふわんだりぃずと相剣がかなり強くて面白そうです。
そのおかげでまた変わった手札誘発が使われてきましたね。
やっぱ色々持ち得なんですかね??🤔


さて今回はBODE発売後のチェーンバーンの構築・考え方などを紹介できたらと思います♪


このチェーンバーン......Tier1と言っても過言ではありません!!!!

IMG_2259



目次
・構築
・採用理由
・未採用カード
・立ち回り

・さいごに




・構築

IMG_0189

これが現在の構築です。
にょりこが43枚教の信者なので43枚構築にしているだけであり、43枚にしなければならないわけでは全くもってありません。
基本は先手を取りたいデッキですが、後手を取らされた時や中盤戦以降用の後手カードを数枚メインから採用しています。



・採用理由

左上から順に1枚ずつ解説しようと思うのでかなり長くなると思います。m(_ _)m


メインデッキ


天獄の王 ×3

FullSizeRender

BODEで収録されたチェーンバーンのために作られたようなカードですね。
①の効果でメイン戦で「ハーピィの羽根箒」をケアできるのはかなり強いです。
チェーンバーンの強みの一つでもある、相手の手札誘発が効きづらいに反して「PSYフレームギア・γ」の打ちどころを与えてしまいますが、それを考慮しても強すぎるので使いたいカードです。
②の効果で相手ターンに壁を出しながら次の弾を用意できる点も優秀です。
相手の動きを見ながら罠を選べるのはダメージ量が伸ばしやすいのでかなり嬉しいですね。
自分のターンに使うと3000打点が簡単に出てくるおかしい性能をしています。


時械神サンダイオン ×1

FullSizeRender

素出しで出てくる4000打点は控えめに言って強い。
「FNo.0 未来龍皇ホープ」にかなり弱く、バウンスもしんどいので少し向かい風気味のこのカードですが、やはり強い。
ほとんどのモンスターを除去できる上に2000ダメージを与えることができるのが弱いわけがない。
さらに戦闘効果破壊耐性があるので壁としてもかなり優秀です。
先手1ターン目で引いてしまったり、複数枚引いてしまうと腐ってしまうのでピンで採用していますが後手カードの枚数調整で2枚以上の採用は全然ありです。


溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム ×2

FullSizeRender

耐性無視でモンスター2体除去が弱いわけがない。
通常召喚ができなくなる縛りはあるものの、このデッキは通常召喚をほとんど使用しないので大したデメリットではありません。
「時械神サンダイオン」との被りは嫌ですがそれを差し引いてもやはり入れるべきですし、メイン戦の同時引きの確率が先手では2.134%、後手で3.160%なのでほぼ考慮しなくていいでしょう。
相手のスタンバイフェイズに1000ダメージ勝手に飛ばしてくれるのでチェーン稼ぎやダメージ稼ぎもできます。


朔夜しぐれ ×3

FullSizeRender

手札誘発使用率ランキングがあるなら確実に下から数えたほうが早い手札誘発娘の1枚です。
もちろん妨害としても使用しますがやはりメインで使っていきたい効果はダメージ効果の方でしょう。
悪魔の呪文「トクシュショウカンセイコウジハカイリンチェーンサヨシグレ」これで相手を絶望に突き落とします。
実際これが決まればeasy winできるので、コンボがほとんどないこのデッキの中で最強のコンボになります。


アリジバク ×1

FullSizeRender

知る人ぞ知るこいつはCIRCUIT BREAKに収録されたよく分からんカード。
実は「ヴァレルロード・ドラゴン」やオルターガイストと同期です。だから何やねん。
召喚権が余って暇なのでモンスター枠のバーンカードとして採用しています。
後述の「ダイス・ポット」とどちらにするか悩んだ結果、今回は安定性があるこちらにしました。


強欲で貪欲な壺 ×3
金満で謙虚な壺 ×2

FullSizeRender
FullSizeRender

強欲で貪欲で金満で謙虚なドローソースたち(言いたいだけ)。
このデッキは、デッキリソースが大体は何が飛んでも大丈夫です。なので「強欲で貪欲な壺」をフル採用していますが、エクストラデッキの方は「スケープ・ゴート」の都合上何が飛んでもいいと言うわけではありません。そして初手に「天獄の王」を握っていたいし、後手ならば「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」「時械神サンダイオン」の捲り札を掘りに行きたいことから6枚見れる「金満で謙虚な壺」を採用。


連鎖爆撃 ×3

FullSizeRender

ご存知このデッキ唯一のチェーンバーン要素。
自身のチェーン数×400ダメージでチェーン数4〜6を狙いライフを取りに行きます。


スケープ・ゴート ×2

FullSizeRender

エクストラデッキが暇なのでスケゴ展開でダメージやアドを取りに行くために採用し、場合によっては壁にもなるため割と重宝しています。
霊使いトークンを使いたかっただけとも言う。


自業自得 ×3
停戦協定 ×3
仕込み爆弾 ×3
仕込みマシンガン ×3

FullSizeRender

それぞれ、
相手のモンスターの数×500
自分相手の効果モンスターの数×500
相手フィールドのカードの数×300
相手の手札とフィールドのカードの数×200
のダメージソースで1500〜2000オーバーのダメージでライフを取りに行きます。
「仕込み爆弾」は相手によって破壊されて墓地へ行くと1000ダメージのおまけ付きだが「天霆號アーゼウス」等では起動できないので注意。


墓穴ホール ×3

FullSizeRender

手札・フィールド・除外でモンスター効果が発動したら無効にして2000ダメージを与えることができ、ターン1制限はなくダメージ量も申し分なく妨害もできるのでかなり強いです。
手札や墓地でモンスター効果を発動するなどこの令和の時代には当たり前のこと。
それ故に通せる場面は多く腐りにくいので必須と言っても過言ではない。


破壊輪 ×3

FullSizeRender

相手モンスターを破壊して元々の攻撃力分のダメージをお互いが受ける。
名称指定ターン1制限があり、相手のライフよりも低い攻撃力を持つモンスターを対象にする発動条件はあるもののさすがは元禁止カードと言ったところで、かなり強いです。
ダメージを取りに行ってもよし、妨害を取りに行ってもよしと使える場面がかなり多く重宝します。


激流葬 ×3

FullSizeRender

盤面全体除去。強い。
「天獄の王」のおかげでセットモンスターは破壊されなくなったのでさらに使いやすくなった。
その場合は相手のセットモンスターも破壊されないので注意。


トラップトリック ×2

FullSizeRender

ほとんどの罠を2〜3枚採用にしているため実質好きな罠をセットできるので、その場面に応じた適切な罠を選べることがとにかく強い。
たださすがに被りが弱いことと「強欲で貪欲な壺」のコストでなんでもではなくなってしまうのだが、それでも引きに行きたいことと、代わりの1枠に特に入れておきたいカードがなかったことから2枚採用にしました。
ぶっちゃけ1枚でもありだとは思う。


エクストラデッキ


閉ザサレシ世界ノ冥神 ​×1

FullSizeRender

「スケープ・ゴート」+効果モンスターで特殊召喚可能であり、相手モンスターも使用可能で、展開途中に効果の発動を行わないため、厄介な相手モンスターを処理しながら高打点制圧持ちモンスターを出せるので優秀です。
特にこのデッキは。効果破壊耐性や効果を受けないモンスターに対してかなり弱いのでそういったモンスターを処理することが主な役目です。


ヴァレルエンド・ドラゴン ×1

FullSizeRender

「やぶ蛇」からの特殊召喚先の1体であり、戦闘効果破壊耐性、モンスター効果対象耐性、高打点全体攻撃持ちという攻めにも守りにも強い。

「異星の最終戦士」と組み合わさるとゲームエンドまで持っていけることもよくあります。
「スケープ・ゴート」+効果モンスター1体で正規召喚も可能だがおそらく出す場面はないと思われる。


アクセスコード・トーカー ×1

FullSizeRender

強い。以上。


鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ ×1

FullSizeRender

「増殖するG」の止まり先で、トークン4体素材から出せる素材の緩さと除去持ちとして強い。


トランスコード・トーカー ×1

FullSizeRender

対象耐性持ち2800打点になるので強い。

展開の中継としても必要。


ファイアフェニックス@イグニスター ×1

FullSizeRender

​相手モンスターを無視して効果ダメージを飛ばせるので状況によっては必要となり、実際このカードがあったから勝った試合が数回あるので採用しています。
「デコード・トーカー・ヒートソウル」の②の効果の特殊召喚先の筆頭候補でもある。


デコード・トーカー・ヒートソウル ×1

FullSizeRender
 
②の効果で罠をツモりにいけるのがやっぱり強い。
ノーガード戦法に近いので②の追加効果を狙うのも現実味があるので、スケゴ展開は「I:Pマスカレーナ」経由「トランスコード・トーカー」+「デコード・トーカー・ヒートソウル」の相互リンク状態を目指していくことになります。


I:Pマスカレーナ ×1
セキュリティ・ドラゴン ×1
リンクリボー ×1
リンク・スパイダー ×1


FullSizeRender

スケゴ展開の中継先。以上。



RR-アルティメット・ファルコン ×1

FullSizeRender

​「やぶ蛇」からの特殊召喚先の1体。
カードの効果を受けないのはかなり強く「異星の最終戦士」と組み合わさるとゲームエンドまで持っていけることもよくあります。


超弩級砲塔列車グスタフ・マックス ×1

FullSizeRender

「天獄の王」「時械神サンダイオン」「壊星壊獣ジズキエル」のレベル10トリオが2体並んだ時に特殊召喚できる幻のモンスター(?)。
しかし「天獄の王」は特殊召喚しやすいので現実的にプランに入れることが可能であり必要な場面もしばしば。
「時械神サンダイオン」を絡めると4000のライフカットを行えるのでかなり入れ得だと思っています。


異星の最終戦士 ×1

FullSizeRender

「やぶ蛇」からの特殊召喚先の1体で、これ1枚でゲームエンドも可能なパワーカード。最強。以上。


幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ ×1

FullSizeRender

「やぶ蛇」からの特殊召喚先の1体で、「アクセスコード・トーカー」を完全に封じ込めることができるので、相手のフィニッシャーを無力化して切り替えしていきたいです。
効果も強いですが「無限泡影」が怖いので無理しないようにしましょう。



サイドデッキ


時械神サンダイオン ×2

FullSizeRender

後手札として優秀なのでサイドデッキにも2枚採用。


壊星壊獣ジズキエル ×1
海亀壊獣ガメシエル ×1

FullSizeRender
FullSizeRender

被った時の戦闘ダメージを少しでも高くするために最高打点と最低打点をそれぞれ採用。
「雷撃壊獣サンダー・ザ・キング」と同打点だがあちらはレベル9に対してこちらはレベル10であり、「超弩級砲塔列車グスタフ・マックス」に繋げることが可能なためこちらにしました。ほんとは光ってるからあっちを使いたかった......。


溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム ×1

FullSizeRender

後手札として優秀なのでサイドデッキにも1枚採用。


増殖するG ×1

FullSizeRender

チェーンバーンの強みの1つの「墓穴の指名者」が効きづらいことに反するが、展開デッキに対する抑止力になり得るし、相手が突っ張ってきても上級モンスターを引いて解決していきます。

被りが弱いためピンで採用。


魔法の筒 ×3

FullSizeRender

主に「黄金卿エルドリッチ」に対して使っていきたい古のカード。
新規のサポートカードとともに牽制として採用。
見えてないこのカードはかなり強い。


やぶ蛇 ×3

FullSizeRender

バック除去対策。なんかでてくる。以上。


D.D.ダイナマイト ×2

FullSizeRender

相手の除外されてるカード×300ダメージなので、
「強欲で金満な壺」「金満で謙虚な壺」で1800ダメージ
「強欲で貪欲な壺」で3000ダメージ
相手が壺を引いていないと機能しないため「トラップトリック」で引っ張れる2枚採用。
壺を使わないデッキも珍しくないのでサイドデッキから確実に狙っていく形にしています。


リローデッド・シリンダー ×1

FullSizeRender

「魔法の筒」のサポートカードで相手の牽制になる。
②の効果を通すことができればかなりのライフアドを取ることができるが見えてるから期待はしないほうがいいでしょう。
使い方的には相手の妨害を「魔法の筒」に使わせることがメインになります。
通ると3000〜6000くらいのダメージを見込めるためチェーンバーンと割れてる相手からしたら止めざるを得なくなります。
仮に通ったとしたら、手数でライフを切りに行けばいいのでそういった意味では強いと思います。


・未採用カード


時械神ミチオン

FullSizeRender

他の時械神もそうだが、打点が0なので除去ができないことと「無限泡影」や「エフェクト・ヴェーラー」にかなり弱いことから現環境では弱すぎると判断したため。


ダイス・ポット

FullSizeRender

「アリジバク」と同じ役割のカード。
少し前まではギャンブルが当たればeasy winができるし、サイコロの練習をして6が出せる確率が高くなったから使用していたが、最近のトレンドが安定性なので入れ替えました。
正直どちらでもいい。


強欲で金満な壺
強欲で謙虚な壺
命削りの宝札

FullSizeRender

エクストラデッキを使うことがあるので、ランダムで飛んだり特殊召喚ができなくなる縛りを課せられるこいつらは未採用。


一時休戦

FullSizeRender


多くのチェーンバーンに入っているが正直よくわからない。入れるメリットが無いと思う。
全てのダメージが0になるので相手ターンにライフが削れないため、勝つどころか制圧を敷かれて負けまであり得るカードはさすがに採用できない。
相手の手札が増えるからダメージが増えるそうだけどそのダメージは200〜600しか増えないし、次のターン中は実質増えるどころか減ったにも等しいので採用することはまずあり得ない。


ディメンション・ウォール
業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

FullSizeRender

FullSizeRender

攻撃反応型の罠カードたち。
全然採用圏内ではあるものの、新規のサポートカードが来たことや、破壊耐性持ちの存在や「天霆號アーゼウス」の存在、対象耐性持ちの存在など色々考慮した結果今回は「魔法の筒」に軍配が上がった。
それぞれ役割が違うので、この2枚でもこれらを組み合わせての採用でも全然ありである。


和睦の使者
威嚇する咆哮


FullSizeRender

FullSizeRender

全ての相手モンスターの攻撃を止めることができるがそれなら「魔法の筒」「ディメンション・ウォール」「業炎のバリア -ファイヤー・フォース-」で跳ね返す方が強い。似た役割でダメージに繋がるカードがあるならそちらの方がやはり採用の優先度は高くなる。
10枚目以降の攻撃対策として採用になると思われるが「威嚇する咆哮」は「天霆號アーゼウス」にさせないで止めることができるので、その点では「ディメン
ション・ウォール」より優秀ではある。


神の宣告


FullSizeRender

カウンター罠はチェーンをカットしてしまうため使いづらいのがネックです。なのでこのカードに限らず未採用だが、1番のネックはやはりライフコストである。
ノーガード戦法である以上自らライフを削るのは避けたいこと。
このカードで負けてしまうことも十二分にあり得ることなので負けに繋がるカードは採用できない。



・立ち回り

基本セットしかやることないんですけどそのセットの仕方と相手ターンでのバーンカードの開き方が色々あります。


メイン戦では基本的には5伏せを目指します。
「破壊輪」や「スケープ・ゴート」などが被った場合はセット枚数を減らすこともありますが基本は全てのカードをセットします。
メイン構築での「ハーピィの羽根箒」の採用率はそこまで高くないからです。
後手デッキでは「ハーピィの羽根箒」に加えて「ライトニング・ストーム」や「ツインツイスター」もメイン構築に入っていることもありますが、そもそもメイン戦でのケアは「天獄の王」しかないので後手デッキに初手から打たれた場合は割り切りましょう。仕方ない。

FullSizeRender


先攻のサイド戦の場合「トラップトリック」を引いている場合は4伏せにしましょう。
相手は必ずバック除去カードを増やしてきます。
全体除去を打たれた場合にチェーンをして「やぶ蛇」をセットするために1枠空けておきましょう。
「トラップトリック」を引いていない場合は5伏せで祈ります。「やぶ蛇」を引いている場合は積極的に伏せましょう。
「天獄の王」を引いている場合は「天獄の王」の効果から入ってください。
無効にされた場合は上述の「トラップトリック」や「やぶ蛇」のプランをとります。
「天獄の王」が通った場合は「やぶ蛇」は伏せずに5伏せを目指します。

IMG_2220

大体わかりましたね?

では、

後攻のサイド戦の場合は、壊獣モンスター、「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」「時械神サンダイオン」のどれかを引けているかどうかです。
制圧効果を持っているモンスターを除去してからこちらのプランを通します。
「ライトニング・ストーム」をケアする必要がある場合は先攻サイド戦プランを取ります。ケアする必要がない場合は、やぶ蛇は積極的に伏せつつ5伏せを目指します。この時に相手の展開力を考え、ライフを削りきれないと判断した時は除去や妨害に専念してください。こちらのライフを切らされなければ勝機は全然あります。

IMG_6871




・さいごに

さて久々に好きなことを書けると本腰を入れた結果あり得んくらい長くなってしましました。
記事書くの上達してなく下手くそでどうもすみません。

IMG_9705


公認大会で久々に全勝したので嬉々と書いてたらえらく長くなってしまいました。

はたして全て読んでくださる猛者は現れるのか..................?🤔

FullSizeRender


新規カードでチェーンバーンは確実に強くなりました。
若干ですが追い風は吹いています。

環境、準環境デッキのことを頭に入れておかないとカードパワーでは誤魔化せないデッキですが面白いです。


ぜひ使ってみてください。


最後まで読んでいただいてほんとにありがとうございました。m(_ _)m

こんにちは。岩系です。

暑すぎるッピ!
こんな時期は涼しい場所で決闘です。


今回は3日連続でチームCSに参加してきましたので、その大会レポートになります。
分けずに3日分全部書いてるので暇潰しにでもしていただければ。


私はお馴染み幻影月光で出場しました。構築は3日とも同じです。
構築はこちら↓


IMG_2713


時間があれば構築の内容も別途記事にしたいなと思ってます。


では早速大会レポートへ。

DAY.1 プルガトリオ杯3人チーム戦


1回戦…ドラゴンメイド

1戦目相手先攻
チェイム召喚お片付けサーチからお心づくしパルラで天球お片付けエンド。

彩雛着地時に執拗にバウンスを撃ってくるので月光有識か?と疑ったが副葬で月光香落とし→月光香コストでセレナードダンス落としのウホウホムーブで貫通してワンキル。



IMG_2130



2戦目相手先攻
パルラ召喚2伏せエンド。
スタンバイにロンギ、彩雛召喚にお片付けを撃たれるも一滴で無理矢理彩雛を墓地に落として天キ月光香月光香のウホウホムーブで貫通してワンキル。



IMG_2130


2戦ともバウンスへの回答をしっかり引けてたのが偉かった。

横も勝ってくれたのでチーム勝ち。


2回戦…天威相剣

1戦目相手先攻
バクヤスタートからセキショウ暗転構えてエンド。
副葬セレナードダンスからスタートし、彩雛虎に暗転撃たれるも虎のモンスター効果で彩雛蘇生→黄鼬で彩雛戻して自身を蘇生し彩雛召喚→ランク4展開スタート。うららを抹殺で弾いてパラレルエクシードで展開伸ばしてワンキル。 



IMG_2130


2戦目相手先攻
シュターナから拳僧出しつつバクヤからセキショウ暗転構えてエンド。
彩雛+月光香から動こうとするも黄鼬に墓穴、ランク4出そうとしたタイミングで暗転、その後の展開にうららまで貰って流石に止まりガラ空きでターンを返す。ただ後続がなかったようでそのまま殴られて1枚伏せ追加でターンが返ってくる。
トップでパンクラを引き、場に出してから虎で再度展開開始。フォースストリクスにセキショウを貰った後パンクラでバックの泡影を破壊し防御をすべて剥がす。素引きしていたレイダーズウィングを召喚してワイズ展開に持ち込みそのまま盤面並べてワンキル。



IMG_2130




横も勝ってくれたのでチーム勝ち。

3回戦…相剣

1戦目自分先攻
黄鼬+月光香からスタート。アルミラージのおかけでこの組み合わせからでも動けます。なお泡影食らって止まってしまい試合がもつれてバグースカとかで粘ってたけど押し切られて負け。
後からゆっくり考えてたらちゃんとワイズに泡影貰ってもダークレクイエムまで持っていける回し方に気付いたので反省。黄鼬アルミラージスタート練習せなアカンね。

2戦目自分先攻
ついに盛大に事故る😇
ブーツでアルミラージ出して霧剣サーチしてお祈りするも鬼のようにパワカを叩きつけられ瞬殺される。

先攻では勝てない先攻展開デッキとは…。

横も負けてしまいチーム負け。

4回戦…マドルチェ

1戦目相手先攻
しかし相手が事故ったようで2伏せエンド。
なおこちらも事故ったのでゼピュロスビート。
返しのターン初動引かれてプディンセスール発動。お祈りうらら撃つと朱光飛んで来て焦るも増G撃ったら通ったので耐え。グラスフレ出してゼピュロス殴ってエンド。返しのターン手札整ったので展開してワンキル。



IMG_2130


2戦目相手先攻

エンジェリースタートに増G通って相手ホーットケーキ出して1伏せエンド。しかしハンド渋かった上に神智デスサイズされる。パンクラニビルで粘ろうとするも押し切られて負け。


3戦目自分先攻

ようやく先攻展開を見せつける時が来たと思ったら増G投げられて仕方なくバグースカ立ててエンド。
相手バグースカ越えられずパンクラ出しつつモンスターセットしてエンド。バグースカはパンクラも抑えられるの偉すぎる。
返しのターンぶん回してパンクラ朱光ロンギ貫通して相手の盤面更地にしつつバルディッシュ+リダン+霧剣を構えてターンを返す。相手スタンバイにリダンがプロムナードを装着したことで妨害が増え、召喚されたエンジェリーをリダンで飛ばしたところで相手サレ。

しかし横が負けてしまいチームは負け。


個人3-1、チーム2-2でトナメには上がれずここで終了。


DAY.2 プルガトリオ杯3人チーム戦


1回戦…閃刀姫

1戦目相手先攻
ゴードン撃って1伏せシズクでエンゲージサーチしてエンド。
返しのターン増G撃たれるもワンキル狙ってツッパしたらめっちゃ序盤からうららヴェーラーわらしが飛んできて止まってしまう。
ただ逆に相手もそんなにハンドが増えておらずゴードンの飛びも渋かったようなので、焦ってキルしに行くのはやめてリダンや竜巻でアドを取りつつ押し切って勝ち。

2戦目相手後攻
噂のフュージョンデステニーからのデストロイフェニックスガイが出てくるも閃刀の動きはなく1伏せでターンが返ってくる。バリケイドベルグで虎を守りながら動こうとするも泡影と重ね撃ちされて虎が割られる。虎が割れた時の効果も合わせて強引に展開しようとしたところにニビルが着弾。さすがに止まってターンを返すも手札誘発召喚からアクセス出てきて負け。

3戦目自分後攻
ED入ったので後攻選択。結構動かれて妨害構えられるも相手がアンカーを温存しすぎたせいでレイダーズウィングを素材にしたアークリベリオンが止まらなくなり、そのままワンキルして勝ち。



IMG_2130



しかし横が負けてチームは負け。


2回戦…鉄獣戦線

1戦目自分先攻
事故った上にストラングルレイニアス使わないとランク4立てられなかったのでリダン立ててお祈りタイム突入。フラクトールに墓穴撃つと相手も止まってゲームが硬直。リダンが魔法罠を装着しながら数ターン生き残りアドを稼いでくれたおかげで立て直せたので先に展開して勝ち。

2戦目相手先攻
アルミラルガルリボルトエンド。一滴を握っていたのでシュライグ無効化して増Gツッパしてワンキルしにいくも途中でニビルが着弾。
必殺のニビル貫通ワンキルを見せてやろうとウキウキ展開していたら途中でロンギ撃たれて破産したので負け。



3戦目自分先攻。
今度はランク4すら立てれないほど盛大に事故って瞬殺される。先攻の時事故りすぎ。
昨日から1回も先攻盤面敷けてなくて笑う。


IMG_0581



横も負けてチーム負け。


3回戦…ドラゴンメイド

1戦目相手先攻
これまでの時間警告で相手がシングルロスしたため、サイチェン無しで相手が先攻後攻の選択権を持った状態でスタート。
金謙でわらし持ってきてチェイム召喚からお片付けサーチし2伏せエンド。
ゴリハンだったのでぶん回すもフォースが通告を踏んでしまい、さらにわらしお片付けまであるとさすがにワンキルは出来なかったので全部踏んでバグースカ立ててエンド。
相手はバグースカを処理出来ず天球立ててエンド。
返しのターン天球貫通してインフィニティダークレクイエムまで行ったところで相手サレ。
シングルロス分があるのでこれで勝ち。


IMG_0391



横も勝ったのでチーム勝ち。

4回戦…プランキッズ

1戦目自分先攻
彩雛虎スタートするもフォースにヴェーラーを撃たれる。おろまいでゼピュロス落として貫通しようとするもワイズにガンマ。しかしハンドの噛み合いがよく副葬でセレナードダンスを落とし素引きしていたブーツを落としてファントムフォースをサーチしダークレクイエム+竜巻立ててエンド。
返しのターン相手サレ。

2戦目相手先攻
ドロップにうらら撃つも大暴走から展開され返しのターン増Gまで投げられたので流石にサレ。

3戦目自分先攻
ハンド揃ってたので今度こそ展開するぞと意気込んで動き出すもフォースにヴェーラーをもらう。追加札なしのハンドだったのでバリケイドで素引きしていたブーツ切ってブリガンダイン持ってきて無理矢理深淵立ててターンを返す。
パンクラ出されるも深淵は通し深淵殴って1伏せエンド。返しのターンフォース出したところにパンクラを撃たれその後のバルディッシュにもヴェーラーを撃たれてまともに動けなくなってしまったのでリダン立ててお祈りタイム。罠ツモれなかったら負けだと思ったが魔法をツモってしまい諦めムード。しかし実はプランキッズが出勤していなかったことが判明し1伏せエンド。
虎の縦列に泡影置かれて止められるも黄鼬で戻して反対側に貼り直し展開。リダンのドローでおろまいを引いたのでゼピュロスを落とし、竜巻で虎を破壊して最大まで展開を伸ばして総攻撃してワンキル。 



IMG_2130




横も勝ってチーム勝ち。


個人3-1、チーム2-2でトナメには上がれずここで終了。


DAY.3播磨家CS3人チーム戦


1回戦…転生炎獣

1戦目相手先攻
ガゼルゴードンからサンライトウルフ+ロアー+2伏せ。捲れず負け。

2戦目自分先攻
最大展開して相手サレで勝ち。

3戦目相手先攻
サンライトウルフ+ロアー+3伏せでエンド。
スタンバイ魔封じにツイツイ→チェーン勅命→チェーンツイツイ→チェーンロアー。
さらに御前試合も開かれる。


IMG_0367



もう一生魔法使えなくなったので罠リダンでサンライトウルフどけてワンチャンを狙う。スタンバイリダンで魔法装着。
ミラージュスタリオのバウンスを避けるついで1ドローするとニビルを引く。相手がサンライトウルフ出したタイミングでニビルを撃ってとしたのですが、御前適応中はニビル撃てないのをお互いに知らなくてそのまま続行。
ニビルトークン放置してしばらく壁出して耐えてターンを跨ぎ、勅命でライフ削れて圏内に入ったのでダークリベリオンで殴って終わるというところでニビルが出せないということを指摘され、ジャッジに判断を仰ぐも決闘が進行しすぎていたので巻き戻しはせずそのまま勝ちで終了。ホンマ申し訳ない…🙇‍♂️


ただ横は両方負けたのでチームは負け。
チーム勝ってしまってたらモヤモヤしてたからメンタル的には負けて良かった😇


2回戦…SPYRAL

1戦目自分先攻
最大展開して相手即サレで勝ち。

2戦目相手後攻
デッキが分からなかったが先攻渡されるのは予想外。後攻サイチェンしても最大盤面は霧剣が無くなるだけなので、変わらぬ制圧力を見せてやるよと意気込んでハンドを見ると欠勤していたので何もせずエンド。
やはり後攻に寄せていたな、狙い通りだぜみたいな顔をされたがこちらとしては月光カード1枚も減らしてないし事故ってなかったらどうしてたんや😡という気持ちになってました。くやちい。


IMG_0351


相手ソウルズからグレース落としてスタート。
ジーニアス召喚からビッグレッドサーチしてグレース蘇生するところに増G撃つと通る。
ニビル持ってたけどツッパされたら殺されそうな感じもしたが相手止まってそのままエンド。
返しのターン彩雛虎揃ったので相手の増Gを墓穴で弾いて展開しムキムキのアークリベリオンでジーニアス殴ってワンキル。



IMG_2130


横も勝ったのでチーム勝ち。

3回戦…60召喚シャドール

1戦目相手先攻
ゴードンからアレイスター召喚したタイミングで増G撃つと通ったがハンドのドライバーからメルカバー出されてワンドローしか出来ずそのままエンド。
展開しようとするも増Gを撃たれる。しかしハンド強かったのでツッパすることに。メルカバー貫通しつつダークレクイエムでニビルヴェーラーの重ね撃ちを弾き飛ばしてムキムキのアークリベリオンでメルカバー殴ってワンキル。



IMG_2130



2戦目相手先攻。
事故ったらしく何もせずエンド。
なおこっちも事故ったので黄鼬セットエンド。
相手まだ事故ったままでモンスターセットエンド。
返しのターン彩雛召喚、黄鼬反転召喚してランク4展開しようとすると増Gが飛んでくる。虎がなくて誘発貫通出来なそうだったので何も出さず2体で殴るとヘッジホッグでエルシャドールフュージョンサーチされる。さすがに死ぬ可能性出てきたので一滴とツイツイ伏せてエンド。
次のターンゴードンから一気に動かれてアレイスター召喚されたりネフィリム出されたりしてえらいことに。クロシープ+メルカバー+2伏せ(ルーク+エルシャドールフュージョン)を構えられる。ただミドラーシュを複数構えられるような布陣を重視したからなのか彩雛だけ殴られて黄鼬が場に残ったままターンが返ってくる。返しのターンスタンバイにツイツイ撃つとエルシャドールフュージョンでミドラーシュ出てきてクロシープでエリアルを蘇生される。
未だに虎が引けてなかったが一滴でメルカバーとミドラーシュ無効化した後おろまいでゼピュロス落とし→黄鼬戻してゼピュロス蘇生→黄鼬召喚→2体でレイダーズナイトからアークリベリオン出してムキムキになったアークリベリオンでクロシープ殴ってワンキル。
盤面もアド差も関係ねぇ、ライフを0にした方が勝つんや💪 



IMG_2130



相手のハンドにロンギニビルあったけどちゃんとケアしてたの偉い。


しかし横が負けてしまったのでチーム負けでここで終了。


感想

トナメこそ行けなかったものの3日間で個人成績9勝2敗とかなり奮闘したのではないでしょうか。
先攻特化な構築にしておきながら後攻ワンキルばっかりしてました。
まあ元々はワンキルテーマですし圧倒的な手数とパワーで後攻からでも粉砕出来るのは月光のいいところですね。

環境にはあまり居ないランク4を中心とした独特な展開の仕方をするデッキであるため対処法を知らない人が大半で、妨害はあったけど当てどころを外して止められないといったシーンが多くありました。

やはり先攻時の事故率が高いのが気になりました。後攻のときはハンド強いことが多くてそれが勝ちに繋がっていたと思います。
雨のように誘発が降り注いでくるので大会を意識するなら最大盤面の固さよりも誘発貫通力と後攻の捲り力に重きを置いている今の構築の方がいいと感じた3日間でした。

あとバグースカは最強です。絶対入れた方がいいです。
増G撃たれた時の止まりどころになるのと相手の置物をバグースカで抑えてバルディッシュで破壊して捲っていく動きが強すぎます。


また、これまでは抹殺で弾くためだけに増Gはピン刺しにしていたのですが、今回から2枚に増やしていました。やはりこのゴキブリも最強です。
事故ったときもGが通れば相手が止まってくれて返しのターン展開しワンキルしたり、中速デッキ相手にハンドを整えて妨害を踏み越えやすくなったりとかなり活躍してくれました。
通らないことも多いですが墓穴やうららを消費してくれれば返しのターンのこちらの動きを通しやすくなるので、枠があるなら出来るだけ積んだ方がいいカードだと思いました(今更)



つらつらと書いただけでしたが、3日とも違うメンバーから誘っていただき、楽しむことが出来ました。色んな人からお誘いいただけるのは本当に有難いことだと思います。


チーム組んでくださった皆さんありがとうございました!


また誘ってください💪




ではまた

皆さんこんにちは。
岩系です。

公認大会も再開され、少しずつ決闘する機会も増えてきました。

そんな中公式の大型イベントであるYUDTに参加してきましたので、今回はそのレポートになります。

イベントの概要は下記のURLで確認出来ます。

https://www.yugioh-card.com/japan/event/yudt/



もちろん月光を使いました。

構築はこちら↓


IMG_2684



シングル戦という特殊な環境でありながら普段の構築から2枚サイドチェンジしただけという手抜きぶり。


こんな事故りやすくて詰むカードが多いデッキいくら考えても無駄やろと思ったので、先攻で引いても妨害になれる永続罠や置物への回答だけピン刺ししてお祈りすることにしました。


開催が延期されたことで炎舞天キが1枚減ってしまうという悲劇が起きてしまいましたが、苦手で使用者も多そうだった十二獣が消滅したのは追い風。


普段訪れている店舗で当選していたので気楽に参加出来ました。


YCSJ名古屋2連敗、店舗代表戦2回連続初戦敗退の輝かしい成績を持つ月光使いは果たしてジャンヌを手に入れることは出来るのか。






ではここから大会レポートです。

8人枠のところ2人欠場があったようで6人での開催となりました。 



1戦目…60エルドリッチ


じゃんけん負けて相手先攻。



IMG_0508



IMG_0509








〜完〜





ポケカの新弾発売日がやってきましたね!
お久しぶりですお久しぶりです。
いつもお久しぶりです、実は管理人の あんでぃー です。
今回はポケカ(個人的にどハマり中)の相場情報の記事を更新しますよ〜笑
前置きよりはいいから早く買取情報見たいよ!って思った人もいるかと思います。

…でも、ちょっとくらいこういった前置きあった方が楽しいでしょ?(ここまで読んだね君にとっては笑)

それでは早速、新弾の 蒼空ストリーム/摩天パーフェクト の買取情報を見ていきましょう!


買取情報
-ドラゴンスター 日本橋2号店 さん



-竜のしっぽ大阪梅田店 さん



-メルカード さん



-TCGショップ193大須店 さん




-カードラッシュ さん





-竜星のPAO中野店 さん




-すぱいらる 大阪 日本橋店 さん




[管理人の一言]
わんちゃんイーブイヒーローズよりもあアツいですね!
個人的にはレックウザよりもジュラルドン作ろうと思います〜😀

 

こんにちは、らいふです。

先日、初動2枚から動くオノマト展開をいろいろ紹介しました。





たとえば、

初動

この初動が揃っていれば、こんな盤面になるというやつです。

基本

4妨害+5ドロー展開です。

必要なパーツは2枚であるのですが、オノマト選択をひけずにオノマト連携を引いていると、
展開に必要なカードが、
  • オノマト連携
  • オノマト3兄弟のうち一枚
  • オノマト連携用に1枚
  • アストラルホープ用に1枚
ということで、展開途中で残りの手札がたった1枚になってしまいます。

具体的に展開を見返しましょう。
以下の動画では手札コストを「偽物のわな」であると認識してください。




例えば手札が、
「指名者系2枚で誘発を2回も止められるのに展開に必要だから1枚は残しておかないといけない」等が発生し、もったいない場面が発生する可能性があります。

そこで、オノマト連携のコストはしょうがないとして、
アストラルホープのコストを確実に確保するルートを考えました。

従来より使っているルートで必要なパーツはこちら。

必要パーツ_コストなし

これに、御影志士ゴゴゴギガースを加えて、以下に変化させます。

必要パーツ

card100164891_1
レベル4モンスター×2
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードのX素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから岩石族モンスター1体を手札に加える。
●手札から岩石族モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。


card100014680_1
このカードが墓地に存在し、自分が「ゴゴゴ」と名のついたモンスターの特殊召喚に成功した場合、このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚できる。「ゴゴゴギガース」の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

展開途中で御影志士でゴゴゴギガースをサーチし、希望皇オノマトピアで特殊召喚し、ギガース自身の効果で蘇生することでレベル4モンスター2体分を増やします。
具体的なルートは以下の通り。




途中に残ったフィールドのダランベルシアンをコストとしてアストラルホープのサーチを使います。

展開の最後になっても偽物のわなは2枚残っており、最初のルートよりも1枚手札を得することができています。

デッキにゴゴゴギガースを1枚、EXに御影志士を1枚加えることが変化なので、自分のレシピで余裕があれば忍ばせておくといいかもしれません。

とはいえ、メインもパンパンでEXもパンパンなので、そんな余裕もない気もします。
どうしたもんですかね。

ではでは~。

↑このページのトップヘ